ドラッグストア店員の志望動機・面接

志望動機

ドラッグストア店員の志望動機として多いものは、「医薬品に興味があり、そのような商品を扱う仕事がしたい」という内容です。

また、老若男女たくさんの人と接する仕事である点に魅力を感じ、お客さまに気持ちよく買い物を楽しんでもらえる接客がしたいという気持ちからこの仕事を目指す人も多くいます。

学生のアルバイトであれば、将来は医薬業界への就職を目指しており、近しい職場としてドラッグストアを選ぶ人もいるようです。

また、登録販売者薬剤師の資格を持っている人が、それを生かして活躍できる場としてドラッグストアへの就職を考えるケースも多々あります。

ただし、ひとくちにドラッグストアといっても、幅広い種類の商品を扱う大手チェーンか、それとも地域に密着したアットホームな店なのか、店舗によって雰囲気や力を入れているポイントは異なります。

したがって「なぜ、この店がいいのか」ということを伝えることが重要です。

ドラッグストア店員になるうえで資格を持っていることは大きなアピール材料になりますが、応募先の特色をよく調べたうえで、店員としてどのように働いていきたいのかまで踏み込んで説明できるように考えておくとよいでしょう。

面接のポイント

ドラッグストアの仕事は接客業となるため、面接でも「そうした仕事内容にふさわしい人材かどうか」ということが合否の判断基準となるケースが多いようです。

仕事に対する熱意をきちんと言葉にすることはもちろん、自分の一つひとつの言動から誠実で真面目な人柄を示すことができれば、好印象につながるでしょう。

なお、ドラッグストアの面接において、特別に難しい質問をされることはほとんどないはずです。

ただし、医療に関わる商品を扱うことから、清潔感は重視されます。

ドラッグストアでは髪型、服装、アクセサリーなどについても細かく規定されている店舗が多いようですから、身だしなみには強く気を付けて面接に臨んだほうがよいでしょう。