電気工事士の需要、求人、採用募集状況

求人は多いが、環境は会社ごとにだいぶ異なる

電気は、現代に暮らす私たちにとって欠かせないものとなっており、それを扱うことができる電気工事士の需要も安定しています。

時代とともに太陽光発電、燃料電池設備、エコキュートといった新しい電気の需要も拡大しており、電気工事士はこの先も一定の仕事量が確保されることが見込まれます。

求人数に関しても多い部類の仕事だといえるでしょう。職人の高齢化によって人手不足になっている電気工事会社も出てきており、これから電気工事士を目指す人は、比較的有利な条件で就職先を見つけられるものと思われます。

ただし、電気工事士は専門的な知識・技能が必要とされる仕事であるため、個々の持つ経験やスキルによって、給料や待遇などには大きく差が出ているのが実情です。また、電気工事士を抱える企業は大手から中小零細までさまざまであり、すべての会社において良い条件で働けるとは限りません。

実際には、勤務先によってだいぶ「働きやすさ」が変わってくるといえるでしょう。

資格や経験がなくても就職できる?

電気工事士の募集要項では、「資格・経験不問」と書かれているものも多く見られます。しかしながら、実際には資格も経験もまったくない人よりは、有資格者で実務経験のある人、あるいは経験がなくても有資格者が優遇されるのは事実です。

現時点でスキルが不足していても熱意次第で就職が決まることはもちろんありますが、条件のよい求人には経験者の応募も多くなりやすいため、なかなか就職が決まらないという可能性も視野にいれておく必要があります。

また、未経験者の場合は年齢が若い人のほうが有利だとされています。体力を要する仕事であること、また一人前になるまでに時間がかかり、下積み時代は給料が安くなりがちなことから、単身者で若い人のほうが採用されやすくなっています。

少しでも有利に就職するには

経験も資格もない人が少しでも有利に就職したいと思う場合には、まず第二種電気工事士の資格を取得することから始めるとよいでしょう。

第二種は、第一種と異なり実務経験が必要ないため、独学でも取得することは不可能ではありません。

第二種程度では有利にならないという意見も聞かれますが、求人を出している企業の中には、応募資格として「第二種の有資格者であること」を掲げていることもあるため、就職先の選択肢は広がるでしょう。

仕事体験談