大学職員の能力開発、スキルアップ

研究のチャンスは事務系職員にも

大学のグローバル化にともない、大学職員の国際感覚の養成や資質の向上が求められるようになりました。

そこで、若手事務職員を対象とした海外の大学への調査研修出張が実施されるようになってきました。

たとえば大阪大学では、大学の国際化のための事務体制強化をめざす調査研修出張が、「研究大学強化促進事業」の一環として実施されました。

若手事務職員が随行という立場ではなく、自ら主体的に調査に参加し、「大学改革」「教育の取り組み」「交換留学」「国際担当業務」「研究推進業務」など、業務に関連したリサーチを行ったことが特徴といいます。

また、一橋大学では、職員に対しインターンシップを取り入れた実践的海外職員研修が実施されています。

世界標準の大学等の国際交流関係業務に実際に触れることにより、国際的な視野を広げ、専門的知識やスキルアップをはかることが目的となっています。

スタッフ・ディベロップメント

職員の能力開発は、何も海外出張に限ったことではありません。

スタッフ・ディベロップメント(SD)という取り組みが、現在多くの大学で実施されています。

これは、大学職員を対象とした、管理運営や教育・研究支援までを含めた資質向上のための組織的な取り組みを表す用語です。

研修や研究会の開催をはじめ、大学間連携による相互訪問、大学院修学支援を実施している大学もあります。

従来のように、仕事の基礎力を身につける研修で終わりではなく、継続的に専門性を高め、業務に関連した分野で大学院レベルの研究に取り組むこともできるのです。

リサーチ・アドミニストレーターという新しい職種

大学職員に、研究の事務的な支援を超えた高度な専門性が求められるようになったことを背景に、研究開発マネジメントの支援に特化したリサーチ・アドミニストレーター(URA)という職種が新たに設けられるようになっています。

仕事内容は、政策などの調査分析から研究費助成の獲得、研究環境の整備や各種調整業務、研究広報など、研究者とともに研究活動の企画・マネジメント全般を行います。

高度な業務であるため採用条件は厳しく、修士以上の学位や一定の業務経験、研究支援分野での実績を有することなどが必要で、新卒では応募できないケースも多いようです。

現在は、ポスドクや産学連携コーディネーター経験者をはじめ、企業出身者も増えていると言います。

リサーチ・アドミニストレーターになるためには公募を探すのが一般的ですが、派遣会社に大学案件専任の窓口がある場合は、派遣社員としてリサーチ・アドミニストレーターの職種につくことも可能です。

派遣の場合も大学院卒、企業での企画や広報の経験、高度な英語力など、案件ごとに定められた条件にマッチした場合に仕事を紹介してもらえます。

なお、リサーチ・アドミニストレーターは任期付きで契約職員として採用されることが多いため、事務職から人事異動で就いたり、他の部門にジョブローテーションされたりすることはありません。

現在は、国が財政補助等を通じ、専門性の高い「第三の職種」として定着を図っている段階ですが、今後、全国の大学でリサーチ・アドミニストレーターの活躍の機会が増えていくことでしょう。