ビルメンテナンスの現状と将来性

ビルがある限り必要とされる仕事

ビルメンテナンスは、簡単にいえば、ビルがある限り必要とされる仕事です。

最近、都市部では大きな商業施設をはじめ、新築マンションやオフィスなど、毎年のように新しい大型の建物が建てられています。

そのようなビルを末永く、できるだけ良い状態で利用するためには、手の行き届いた管理が不可欠です。

よほど老朽化したビルは取り壊されることもありますが、それも建ってから数年でというわけではありませんから、ビルの数が増えるにしたがって、ビルメンテンナンスができる人も求められていくことになります。

私たちが数十年以上にわたって安全・安心にビルを利用できるのも、ビルメンテナンスの活躍があってこそといえます。

将来的にも、現在の勢いでビルが建ち続けるとはハッキリいえないものの、ビルが大幅に減ることは考えにくいため、ビルメンテナンスは時代を問わず一定の需要がある仕事だといえるでしょう。

専門知識や技術の習得が重要

現状では、ビルメンテナンスの将来性は十分にあるといえます。

ビルの所有者が、ビルメンテナンスを専門会社へ外部委託するケースも増えており、質の高いビルメンテンナンスが求められています。

そのようななかで、ビルメンテナンスが少しでも良い条件で長く活躍し続けるためには、専門的な知識や技術の習得が欠かせません。

衛生・空調・電気など幅広い知識が求められる仕事であることから「ビルメン4点セット」と呼ばれる資格を取得したり、さらなる上位資格取得を目指して勉強していくことで、就職・転職にも有利になりますし、どこでも活躍できるビルメンテナンスになれるでしょう。

年齢を重ねても働ける

ビルメンテナンスは体力勝負の仕事と思われますが、土木作業員や警備員などの仕事と比べると、屋内作業が中心になることから、体力的にはそこまで厳しくないようです。

むしろ、経験を積んで知識や技能のある人が歓迎されやすいため、60代を超えても働き続ける人もいます。

コツコツとスキルアップしていけば、長く働けるのがビルメンテンナンスという仕事だといえます。