役員報酬とは

役員に対して支払われる給料

役員報酬は、法人税法上の「役員」にあたる人に対して、会社から支払われる報酬のことをいいます。

法人税法上の役員とは、「取締役」「監査役」「委員会設置会社の執行役 」「会計参与」「理事、監事」「清算人」「みなし役員(会社の従業員以外の人で会社の経営に関与している人など)」を指しており、これらの人たちは報酬という形で、会社からお金を受けとります。

役員報酬は、多くの場合「定期同額給与」といって、毎月同じ金額を役員報酬として受け取る形がとられます。

この定期同額給与では、事業年度開始の日から3ヵ月以内に役員報酬を確定する必要があります。

また、役員報酬には残業代や諸手当がありません。

「給与」との違いは?

役員報酬に対して、従業員の労働の対価として支払われるお金は「給与(従業員給与)」といいます。

給与には、会社から支払われるすべてのもの、つまり諸手当も含まれます。

給与が職能給や職務給によって決められるのに対し、役員報酬は会社の業績や利益見込み、経営計画などによって定められるのが一般的です。

なお、従業員に対する支払いはほとんどが経費になりますが、事前に届出をせずに支給した役員賞与などは会社の経費にならないなど、報酬は給与と比べるとさまざまな税法上の制限があります。

役員報酬はいくらくらい?

役員報酬はどの会社にとっても大きな費用となりますが、多くの企業では、経費として認められる範囲で役員報酬を決めていきます。

しかし、できるだけ個人に利益が残るようにするのか、それとも会社に利益が残るようにするのかといった考え方は、経営者や会社の経営状況によっても異なるため、一概にはいえません。

いずれにしても、役員報酬を変更できるのは期首から3ヵ月の間となるため、会社の利益計画をきちんと練って、それに基づく報酬額が設定されることになります。