回答者:こここんさん(男性/24歳)

職業名:地方銀行 営業 / 現在の状態:現役 / 経験年数:2年

仕事内容
私は、九州の地方銀行で勤務しています。

営業課に配属しており、リテール項目を担当し、主に資産運用のご提案をしています。

地元の九州で働くことができ、経済の発展や地元へ貢献できる仕事がしたいと思い、この会社へ入社しました。
仕事のやりがい
営業をやっているので、やはりお客さまに喜んでいただけた時が一番やりがいを感じます。

「ありがとう」や「あなたに任せて良かった」などお客さまの言葉が原動力となっています。

また、職場内において、目標が張られているので、きついときもありますが、目標達成したときは、数字で実感できるのでやりがいを感じます。
覚悟しておいた方がいいこと
銀行は非常に公共性の高い職業ですが、一つひとつは株式会社なので、業績によって待遇が変わってくるのは否めません。

また、銀行は近年多くのサービス展開をしており、それぞれの項目にノルマが課せられるので、良い意味で切り替えができる人や、目標達成のための努力を惜しまない人が向いています。
給料・待遇
現在24歳で、勤続年数は2年ほどです。

毎月の手取りは20万弱で、一般的な会社とさほど変わらないです。

メガバンクや都市銀行であればまた変わってくるでしょう。

福利厚生はしっかりしていると思いますが、住宅手当は出ないので、実家か寮の人が多いです。
この職業の恋愛・結婚事情
銀行員は結婚が早いと言われており、30代の男性はほぼ結婚しています。

逆に女性は結婚すると退職する方も多く、役付きの女性で結婚している人は稀です。

職場内恋愛も多いですが、半分くらいは職場内恋愛のような感覚です。
この職業を目指す人へのメッセージ
近年の銀行では、幅広いサービス展開をしており、本来の預金、貸金以外の業務もたくさんあります。

それに伴い知識や試験も多く行われ、日々勉強だと思ってください。

お客さまのお金を取り扱う仕事で非常に正確、丁寧さが求められる仕事ですが、その分お客さまから喜んで頂ける仕事です。