トレーニング指導士資格とは

トレーニング指導士とは

トレーニング指導士は、「公益財団法人 日本体育施設協会」が認定する資格です。

スポーツジムやフィットネスクラブなどで、ウエイトトレーニングやサーキットトレーニングなどを正しく、安全に指導するための資格です。

また、正しいトレーニングの普及と発展、国民の健康と体力作りに貢献することを目的としています。

スポーツインストラクターに取得している人も

この資格がないと、ウエイトトレーニングやサーキットトレーニングの指導ができないわけではありません。

しかし、ウエイトトレーニングやサーキットトレーニングは、正しく行わなければ、体に大きな負担がかかり、ケガや故障の原因になることがあります。

スポーツジムなどでウエイトトレーニングやサーキットトレーニングを指導するスポーツインストラクターには、取得している人が少なくありません。

資格取得の条件と方法

トレーニング指導士の取得条件は、満20歳以上の健康な男女で、次の3つのうち、どれかに該当する人です。

1.レジスタンス(ウエイトトレーニングやサーキットトレーニングなど)か、エアロビックトレーニングの実務経験が1年以上。
2.体育系学部、学科の大学生、専門学校生
3.体育施設で指導実績のある人

日本体育施設協会の主催する「トレーニング指導士養成講習会」を受け、認定試験に合格すると認定されます。

講習会は、4日間で23時間15分です。講義内容は、「日本のスポーツの現状と課題」から「トレーニングの理論」、「トレーニングと傷害予防・復帰」、「トレーニングの実際」、「トレーニング施設の管理・運営」、「スポーツ救急手当講習会」などです。

講習会は、東京の国立スポーツ科学センターで行われ、費用は2万円です(平成26年度)。

認定試験

認定試験は1時間30分で、筆記と実技があります。費用は1万5000円です。

筆記は「トレーニングの理論」など講習会の講義から出題されます。講義をしっかり聞けば答えられる問題が多く、合格率は90%以上となっています。

取得後も、4年ごとに講習会を受講して更新する必要があります。