サッカー選手に向いている人、適性、資質

サッカーの基礎技術が一定水準にあることが前提

サッカーのようなプロスポーツは、実力本位の世界です。実力があって海外の有名クラブと契約すれば、1年間に何十億円という大金を手にすることもできますが、実力がなければ、契約すらしてもらえません。

「運良くプロ契約ができた」というのは、あくまで実力が一定水準にある選手が幸運に恵まれて契約できたという話です。

では、「その実力とは何なのか?」といえば、まずは、キックやトラップ、ドリブル、パス、シュートといった「基礎技術」が一定の水準にあることです。

サッカー選手である以上、基礎技術が一定の水準にあることはプロ契約の前提条件です。

パフォーマン力も問われる

次に問われるのが、ゲームにおける「パフォーマンス力」の高さです。基礎技術力は平均的でも、ゲームになるとひと際目立つ選手がいます。

そのパフォーマンス力とは、足が速いといった身体能力の高さや当たりの強さ、戦術眼、ポジショニングのうまさ、メンタルの強さ、リーダーシップといった個別要素の総合力といえます。

高校生年代であれば、それら個別要素の2〜3つ以上、大学生年代であれば3〜4つ以上で一定水準に達しているならプロ契約の可能性が高まります。

プロ契約後も、パフォーマンス力が高くなるに従って、選手の地位もトップチーム入り、レギュラー確保、チームの中心選手、日本代表というようにステップアップしていくはずです。

基礎技術とパフォーマン力を伸ばす努力の続けられる人

プロのサッカー選手に向いている人とは、まず、基礎技術のレベルアップに向けてコツコツと努力の続けられる人です。

と同時に、自分の特性を知り、パフォーマンス力の個別要素のうち、どの要素を伸ばすかを考え、努力や工夫の続けられる人と言えます。

テスト生から日本代表に昇りつめた川崎フロンターレの中村憲剛選手は、中学時代、基礎技術では東京都内でも目立つ存在だったそうです。しかし、体が小さくて、当たりに弱いというのが弱点でした。

そこで「では、どうやったら生き残れるか」を考え、相手に当たらずにプレーすることを意識するようになったといいます。できるだけフリーになれるポジショニングを考え、基礎技術の高さという自分の持ち味を生かしたのです。

そして、高校、大学を通じてコツコツと努力を続けたことで、全国的には無名だった中村選手がJリーガーとなり、日本代表にまで選ばれることができたのです。