サッカー選手の体のケア

1試合で10キロ走るサッカー選手

Jリーグの選手は、1試合に平均10キロ前後の距離を走るといわれています。

もちろん試合中の走行距離はポジションによって違い、GKで5キロほど、攻撃参加するサイドバックは1試合に15キロ以上走ることもあるそうです。

サッカーは、それほど激しいスポーツです。ふだんから、体のケアをしっかりすることが大切になってきます。とくに、Jリーグでは週に1〜2試合ずつ戦いますので、疲労が蓄積します。

うまくケアをしないと、疲れ果ててしまって「指定された時間に集合場所へは来たけれど、家を出でからの記憶がはっきりしない」ということさえもあるようです。

練習や試合後には必ずクールダウンを

体のケアで大切なのは、まず、練習や試合後、クールダウンをすることです。軽くジョギングをしたり、しっかりストレッチをして、筋肉にたまった乳酸を取り除いておきます。

クールダウンをするかしないかで、足の疲労度は大きく変わります。

練習後は、メニューとしてクールダウンを取り入れているチームが多いでしょうが、肝心の試合後にはどうでしょう。

とくにアウェーでの試合の場合、後片付けや着替えを急ぎ、クールダウンをする余裕がないというチームもあるはずです。

そういうケースでも、会場の片隅で、10分でも、15分でも時間をとってクールダウンをしておきたいものです。

練習や試合中に打撲し、終了後も痛みが残っていると、アイシングもしておきます。季節にもよりますが、アイシングの時間は10〜20分を目安にして、冷やし過ぎに注意します。

自宅に帰ってからも筋肉の疲労度をチェック

自宅に帰ってからも、体のケアをしておきます。

足を中心に筋肉にさわってみて、凝ったり、張ったりしている部分を見つけます。とくに、足裏全体やふくらはぎ、太ももの裏側や内側で、筋肉が硬くなっているところは、かなり疲れている部分です。

ストレッチングをして伸ばしたり、自分の手でもみほぐします。また、マッサージ用のグッズやマッサージ機器などを使って、その日のうちにほぐしておけば、翌日のゴンディションがまったく違うはずです。

また、自宅では、しっかり食事をとり、ゆったりした気分でお風呂に入り、ぐっすり眠って休むことも大切です。