鍼灸師への転職

幅広い世代の人が鍼灸師を目指している

鍼灸師を目指す人の年代は、まちまちです。実際、鍼灸師の養成学校には、下は高校を出て間もない10代後半の若者から、働き盛りの30代や40代、そしてもっと上になると60代で入学する人もいます。

この仕事は、異業種からの転職を目指す人が比較的多いようです。

「はりやお灸の治療を受けて体調が良くなったので、この世界に興味を持った」という人や、「手に職をつけて長く働ける仕事がしたい」という理由など、鍼灸師への転職を考える理由はさまざまですが、未経験からでも養成学校で真面目に学べば、国家資格の取得は決して難しいことではありません。

就職がすぐに決まるとは限らない

しかしながら、せっかく養成学校を出て国家資格を取得したとしても、すぐに仕事につながるとは限りません。

とくに、鍼灸師はここ最近、目指す人の数が急増していることから、需要に対する求人の数が圧倒的に少ないともいわれています。

そもそも、鍼灸師が主に活躍するのは個人開業の治療院であることが多いため、実務未経験者を受け入れる先があまり多くないのです。

鍼灸師は開業権のある職業であるため、国家資格さえ取得すれば、すぐに開業することも可能です。

しかし、実際には現場で実力や実績を積まなければ、開業して成功するのは困難だといわれており、国家資格を生かせないまま何年も過ぎてしまうという人もいるようです。

経験の浅いうちはアルバイトなど、あまり給与面や待遇が恵まれていない職場しか見つからないかもしれませんが、まずは実力ある鍼灸師の下で経験を積める先を探すことに専念したほうがよいでしょう。

実力がつけば、開業をしたり、他の職場に転職もしやすくなります。

また、近年ニーズが高まっているスポーツ鍼灸や美容鍼灸など特定の分野について専門性を深め、その領域で鍼灸のスキルを発揮することも可能です。

養成学校の中には、こうした分野について深く学べるところもあります。

養成学校は、それぞれカリキュラムや実習内容が異なるため、将来どのような働き方をしたいかまでしっかりとイメージしたうえで、入学先を考えたほうがよいでしょう。