左官の資格

左官に資格は必要?

左官は資格や免許がなくても、腕(技能)さえあればできる仕事ですが、国家技能検定である「左官技能士」や「登録左官基幹技能者」という資格があります。

資格を取得していることで求人応募の際に有利になったり、仕事の依頼が増えたりする可能性があります。

ではこの二つの資格はどのようなものなのでしょうか?

左官技能士検定とは

「左官技能士検定」は、1級と2級があります。これを受けるには実務経験が必要で、2級で2年以上、1級で7年以上の実務経験がなければ受験することができません。

試験の内容は主に「塗り」に関することで、2級では塗り壁のみですが、1級では塗り壁と塗り天井といった内容になります。

この左官技能検定は、もっともポピュラーに知られている左官の腕を示す試験といえます。

そのため、左官技能士か否か、それが何級なのかといったことは、仕事を受注したり、求人に応募したりする際に選考される重要な要素となってきます。

なお、左官技能士は、職業訓練指導員 (左官・タイル科)の実技試験免除資格となっておりますので、これを取っておけば職業訓練指導員 (左官・タイル科)への第一歩とすることもできます。

登録左官基幹技能者とは

「登録左官基幹技能者」とは、

「高い左官技能を有し、技術者に施工方法の提案を行い、他職種の上級職長との工程等の調整を行い、部下の左官技能者に対しては、適切な指導や統率を行なう者」

として、国土交通省に登録された機関による一定の講習を修了した者をいいます。

登録基幹技能者講習の修了者は国土交通省による経営事項審査(公共機関からの仕事に応募するときの審査事項)で加点評価されます。

どちらかというと、個人で取る資格というよりは、左官業を営む方や親方レベルの方が取得する資格といえます。

なお、登録左官基幹技能者は、一定の能力水準を保持し、技術進歩や法令改正等に対応した能力を習得する必要があるとされるため、5年ごとに「更新講習」を行うことが義務付けられています。