左官の一日

一日の流れ

6:00 資材置き場にて点呼又は準備

左官の朝は非常に早いのが特徴です。朝の弱い人は慣れるまで苦労するでしょう。出勤した後は資材置き場等に集合し点呼をとり、連絡事項を把握します。

そして資材(左官道具や材料等)をトラックに積み込み現場に向かいます。

7:00〜8:00 現場到着

現場の距離や交通事情により前後しますが、到着次第、作業の準備を始めます。

8:00 作業開始

まずはその日に使う材料を練ることから始めます。鍬(くわ)や左官用のミキサーや攪拌機等を使って効率よく練っていきます。

また現場によっては複数の職人で作業することもあるため、情報共有をした後、チームワーク良く、作業にあたります。

10:00 休憩

左官は高い集中力を要する上、肉体的にもきついため、午前と午後の中間に10~20分程度の休憩を取ります。

現場によっては、他の業者さんやその現場の大工さんと一緒にとることも。

10:20 作業再開

再度集中力を高めて、作業を再開します。壁塗りは数回の重ね塗りが必要になってくるため、一回の作業で一回の工程を済ませることが理想的です。

12:00 お昼休み(昼食)

持参した弁当の他、近くのコンビニで調達したり、飲食店に出向いたりして各々午前中の疲れを癒します。

食事が終わった後は昼寝をする人もいるようです。

13:00 作業再開

午前中の続きにとりかかります。

季節や天候によっては午後、気温がかなり上がるため、内装作業がある場合はなるべくこの時間帯に行います。

15:00 休憩

水分の補給を十分に行い、体調管理に努めます。ゼリー等で栄養補給することも。

15:20 作業再開

最終作業となるこの時間帯で一日の作業の終着点を調整します。この際、次の日の作業が再開しやすいことを考慮してきりの良いところまで進めます。

そのため、場合によっては残業が発生することもあります。

17:00 帰り支度及び後片付け

一日の作業を終えて道具を洗うなどの片付けをし、撤収します。

完工するまでは作業途中であることを明確にして現場を離れるようにし、他の人が手を触れることのないように注意します。

作業は分業しながら効率よく

建物の規模や種類によって稼働する左官の数はまちまちです。複数の職人で作業に当たる場合は効率よく工程を進めるために役割を分担することがあります。

主な役割は以下の通りです。

1.最初に養生をする人 ※養生とは塗らないところを汚さないようにシート等をテープ等で貼っていく作業のこと
2.材料を捏ねる人
3.実際に塗る人
4.左官道具(ミキサーやバケツ刷毛等)を洗浄する人

すべての工程を一人で行う場合は日程を考えて一日の作業量を決めます。

工期が迫っている時は残業も

左官の仕事は室内であるため、日が落ちても作業をすることができます。

また他の作業と比べ、大きな音も出ないため、工期が迫っている場合などは残業をすることもしばしば。

他の職人とのコミュニケーションも大切

現場では左官以外の職人が並行して作業を行っていることもあります。

この場合、互いの作業に支障が出ないように良く打ち合わせをしてから作業に入ることが大切です。

立ち入ってはいけない場所などを共有することでお互いに気持ちよく仕事をすることができます。

他の職人の作業を直に見ることは自身のモチベーションの向上のきっかけになりうる上、場合によってはその出会いが今後の仕事につながることもあります。