作業療法士の活躍の場

メインはやはり医療現場

作業療法士は、一般的にはリハビリ職として認知されているため、医療現場を中心に活躍することになります。

病院などの施設内にある「リハビリ室」と呼ばれるリハビリのための場所が職場となることが多いです。

また、入院施設を備えている大きな病院であれば、入院病棟を回って患者さんにリハビリをすることもあります。

このような形を通じて、医療現場で活躍する作業療法士は非常に多く、ほとんどの作業療法士が医療現場に携わっていると考えておいてもよいでしょう。

福祉の現場でも活躍できる

なかには、介護老人保健施設や障害者福祉施設といった福祉の現場で活躍する作業療法士もいます。

このような場面では、作業療法士の専門性をより発揮して働けることもあります。

病院勤務であれば、作業療法士以外にも、多くのリハビリ職のスタッフが在籍していることが多々あります。

とくに、理学療法士とはどうしても仕事内容が被りやすかったり、お互いの影響を強く受けたりすることがあります。

一方、福祉の現場では作業療法士は単独で活躍することも多く、工夫次第では非常に深い専門性を現場にもたらしていくことができます。

福祉施設では、利用者さまの日常生活を支援するために、病院とは違う形で作業療法士として腕の見せどころが多くあるでしょう。

考え方次第で、活躍の場を広げることもできる

作業療法士は「医療職」という括りにされることが一般的であり、とくに「リハビリ」に関するプロフェッショナルとみなされます。

しかし、決してそれだけに縛られる必要はありません。

作業療法士に対する考え方は、個人によって大きく違います。

たとえば、リハビリの訓練をすることこそが、作業療法士の存在意義といったように思っている人もいれば、障害者や健常者関係なく、誰もが日常生活を送りやすくするために力を生かすべきだと考えている人もいます。

そのため、作業療法士の資格を持ちながら、行政の現場、あるいは企業の中で活躍する人も多くいますし、その他に特殊な働き方をしている人もいます。

自身が学ぶなかで大きな目的を持つことができれば、作業療法士の活躍の場はどんどん広がっていくことになるでしょう。

仕事体験談