理学療法士と作業療法士の違い

どちらもリハビリテーションに関わる仕事

「理学療法士」と「作業療法士」は、名称も活動領域も似ているため、同じような職業と思われてしまうことが多いです。

リハビリテーションに関わる職業ということは共通しており、一般の人にはどうしても違いがわかりにくなっています。

作業療法士の仕事

実際、理学療法士と作業療法士という立場を明確に分けていない医療機関などもあり、理学療法士と作業療法士のどちらを目指せばよいのかわからなくなってしまう人もいるしれません。

ここでは、両者の違いについて紹介していきます。

理学療法士は身体に特化、作業療法士は心身両方へのアプローチ

理学療法士は、物理的な治療方法を活用することで、おもに「身体的」な症状や障害に対してアプローチしていきます。

そのため、スポーツ分野での活動や整形外科で活躍することも多く、そのような面では作業療法士よりもずっと専門性が高いといえます。

一方、作業療法士は身体領域であっても、身体的なリハビリと同時に趣味などを通して「心理的」な負担を減らすことを考えていきます。

よって、医療分野でも精神科に大きく関わることが多く、患者さんの心理的な面をしっかりと見ていく必要がある職業です。

これが、両者のわかりやすい違いといえるでしょう。

しかし、理学療法士であったとしても障害受容といった基本的な心理面はしっかりと理解する必要がありますし、患者さんと向き合うなかで相手の心理状態を把握することは欠かせません。

よって、理学療法士や作業療法士の養成学校では、どちらの学部・コースに進んだ場合でも、最初に共通して学ぶ基礎科目が置かれていることもよくあります。

理学療法士、作業療法士のリハビリの例

理学療法士は、さまざまな疾患の人を対象にしますが、ここでは脳卒中で倒れた人のリハビリを例に取ってみます。

理学療法士のリハビリでは、おもに「寝返り、起き上がり、座位、立ち上がり、立位、歩行」の訓練を行います。これらは、人間の「幹」となる部分です。

この基本動作が行えるように、筋力訓練や動作訓練を繰り返し行います。また必要であれば、杖や装具の調整を行って動作が行いやすいようにするのも理学療法士の役目です。

一方、作業療法士はおもに応用動作のリハビリを行います。

たとえば、

・座位が取れるようになったら、座って着替えをしてみる
・立ち上がりができるようになったら、トイレに行ってみる

といった、日常生活の中でのリハビリを行います。

リハビリ部位の違い

怪我をした人などに対して、理学療法士は体の幹となる部分や腰から下のリハビリを担当することがあります。

たとえば、足の骨を折った人に松葉杖で歩く練習をしたり、体幹の筋力が低い方に筋力訓練をしたりします。

一方、作業療法士は手芸や工作などを通じて、肩から先、指や手首、肘などのリハビリを担当することが多いようです。

どちらを目指せばよいか

リハビリそのもの自体に大きな興味があり、その専門性を深めていきたいという場合には、理学療法士のほうが向いているかもしれません。

というのも、作業療法士の場合、日常的な活動をリハビリに取り入れていくことが重要とされており、一見すると患者さんは日常作業を行なっているように見えるだけで、リハビリには見えないときもあります。

そのため、単純にリハビリの方法や、あり方を追求するのであれば、理学療法士のほうがわかりやすい部分もあります。

一方、リハビリの要素に患者さんの日常活動や趣味活動などを取り入れたい。患者さんの精神面もしっかりと見ていきたいということであれば、作業療法士に向いているということができるかもしれません。

なお、どちらかの国家資格を取得した後に、もう一方の国家資格を取得して働いている人もいます。

両者の連携も大切

理学療法、作業療法ともに、学校で学ぶことの基本部分は同じです。専門的な分野では異なる部分もありますが、とても似ている職業であることは確かです。

そのため、現場では両者が意見交換をしたり、アドバイスを求めたりする場面も多くあります。

「ここからここまでは理学療法士の仕事」としっかり区切ることはなく、ときには作業療法士が行う治療を理学療法士が行うこともあります。

そのほうが、いつもと違う視点で患者さんを診ることができ、新しい発見があるものです。

同じリハビリテーションの専門職として、お互いの特徴を理解し尊敬することがとても大切なのです。

仕事体験談