理学療法士になるには

理学療法士の国家資格が必要 理学療法士になるためには、理学療法士国家試験に合格して、国家資格を取得しなければなりません。 この試験の受験資格を得るためには、理学療法士の養成課程がある大学あるいは短大、専門学校で3年以上学 … >>続きを読む

理学療法士国家試験の難易度、合格率

理学療法士国家試験の難易度は? 合格率は高くても注意が必要 理学療法士として働くためには、理学療法士国家試験に合格する必要があります。 →理学療法士になるには 理学療法士国家試験は、ほとんどの年で合格率が「80%以上」と … >>続きを読む

理学療法士に向いている人、適性

人と接することが好きな人 理学療法士の適性として最も大切だといえるのは、「人が好きかどうか」という点です。 この仕事では毎日さまざまな患者さんと接しますし、それ以外にも患者さんのご家族、あるいは医師や看護師、他のリハビリ … >>続きを読む

理学療法士の現状と将来性

有資格者が増え続けている 理学療法士は、リハビリテーションの専門職として注目度の高い職業であり、社会的にもしっかりとした地位が確立されています。 こうしたことから、理学療法士になりたいと思っている人は多くいます。 実際、 … >>続きを読む

理学療法士養成学校の選び方

一度は自分の目で確かめる 理学療法士の養成校には、大きく分けて大学、短大、専門学校(3年制あるいは4年制)があります。 どの学校でも、入学希望者向けに説明会や見学会(オープンキャンパス)を行なっていますが、そのような場に … >>続きを読む

理学療法士養成学校で勉強すること

最初は他の専攻学科と共通の勉強 理学療法士養成校に指定されている学校は全国にたくさんありますが、理学療法士に加えて「作業療法士」や「言語聴覚士」を養成するための学科・コースを併設している学校も多くあります。 その場合、1 … >>続きを読む

夜間や通信で理学療法士の資格を取得できる?

夜間の学校で目指す人は多い 理学療法士は、新卒でこの仕事に就く人がたくさんいる一方、社会経験を積んでから転職といった形で就く人も多くいます。 社会に出て多様な経験を積んだり、さまざまな場面を目にしていったりするうちに、理 … >>続きを読む

理学療法士の実習

理学療法士の実習とは 理学療法士の養成校では、座学での講義のみならず、「臨床実習」がカリキュラムの一部として必ず含まれています。 臨床実習では、病院や施設において実際に患者さんを担当し、理学療法のプログラムを立てて、治療 … >>続きを読む

理学療法士の資格

理学療法士の国家資格について 理学療法士は「名称独占資格」といわれる種類の職業であり、「理学療法士」と名乗って働くには国家資格を取得しなくてはなりません。 業務独占資格ではないため、無資格者であっても理学療法士の業務を行 … >>続きを読む

理学療法士国家試験の勉強方法

国家試験は記憶と応用の組み合わせ 理学療法士をはじめとする国家試験は、記憶力でカバーできる部分もあれば、応用力を働かせなくてはいけない部分もあります。 しかし、まずは基礎的な部分をきちんと覚え、理解することが必須です。基 … >>続きを読む

理学療法士の就職・採用・募集状況

就職はだんだんと困難に 理学療法士は、リハビリテーションの専門職として医療などの現場で重要な役割を背負っています。 「国家資格」という社会的認知度の高さや安定感などもあり、現在にいたるまで、理学療法士の数はどんどん増え続 … >>続きを読む

理学療法士の就職先の選び方

就職先は広がりつつある 理学療法士の有資格者数が増え続けていることにより、就職はだんだんと難しくなってきているといわれます。 その一方で、時代が進むにつれ、理学療法士が働ける領域が広がっているのも確かです。 これまでは、 … >>続きを読む

理学療法士の志望動機・面接について

志望動機の例 理学療法士の志望動機として多いものは、「リハビリテーションの仕事に興味がある」「医療チームの一員として、困っている人を助けたい」といった内容です。 なかには、自分自身が理学療法士のリハビリを受けて救われたり … >>続きを読む

理学療法士の独立・開業

基本的に理学療法士は開業できない 理学療法士は、基本的に開業することができません。 それは、理学療法士には開業権がなく、医師の指示の下で施術をすることが義務付けられているからです。 これは、同じくリハビリテーションに関わ … >>続きを読む

社会人から理学療法士になるには

社会人を積極的に受け入れている学校も多い 理学療法士をはじめとする医療職に就いている人は、社会人を経験してから国家資格を取った人が比較的多く、養成学校の多くが社会人入学者の受け入れを積極的にしているようです。 理学療法士 … >>続きを読む

理学療法士への転職

転職への道のりは長い 転職は、新しい自分に出会える絶好の機会となりますが、他の職種から理学療法士へ転職する場合、まずは理学療法士の国家資格を取得しなければならないため、長く過酷な道のりになる覚悟もしておく必要があります。 … >>続きを読む

理学療法士の現場を見るには

イメージと現場の姿が違うことも多い 理学療法士が実際に働いている現場を見たいと思っても、一般の人にはなかなかできないことです。 というのも、病院などにおいては、部外者がリハビリ室などの専門的な部屋に勝手に立ち入ることがで … >>続きを読む

女性の理学療法士

女性、男性はあまり関係ない 理学療法士について「リハビリを行う仕事」と聞くと、どうしても男性の姿をイメージをする人もいるかもしれません。 しかし、実際にはそこまで男女の偏りがあることはなく、女性の理学療法士も数多く存在し … >>続きを読む

仕事体験談