MRの仕事内容

医療用医薬品情報のスペシャリスト

MR(Medical Representatives)は、日本語では「医薬情報担当者」といい、人々の病気やケガを治すための「医薬品」に関する情報を持つスペシャリストです。

MRが情報を扱う医薬品の種類は多岐にわたりますが、最大の特徴は「医療用医薬品」といわれる、医師の処方箋に基づき、薬剤師によって処方される医薬品を扱うことです。

医療用医薬品には、錠剤や粉薬のような飲み薬から軟膏などの塗り薬、注射や点滴で使う液剤などがあります。

なお、ドラッグストアなどで一般の人が購入できる「一般用医薬品」については基本的にMRは扱わず、そちらの担当として「OTC-MR」や「OTC営業」といわれる職種の人が別に存在します。

医療用医薬品の情報を医療現場へ正しく伝える

MRの大きな役目は、医療用医薬品の情報を医師や看護師といった医療現場の人間に正しく伝えることです。

また、画期的な新薬が出れば積極的に売り込みも行い、それと同時に薬の誤った使い方によって人の命や健康が奪われることがないように、正しい情報を医療現場へ伝えます。

MRは、多種多様な薬が存在するこの世の中で、人々の健康を守るために欠かせない役目を担っています。

MRという職業が生まれた背景

薬の情報というと、昔は「プロパー」と呼ばれる医薬品メーカーの営業マンが、営業の際に病院側に情報提供をするのが一般的でした。

しかし、すべての営業担当者が、膨大な薬の副作用や適応症の情報を正しく把握しているとは限りません。

もし営業担当者が間違った情報を提供したり、知識不足であった場合には、患者の命に関わる重大な事故が起きてしまう可能性があります。

そのような課題を解決するために、医薬品に関する専門的な知識を持ったスペシャリストであるMRという職業が誕生しました。

製薬会社と病院の架け橋として

MRのおもな仕事は、製薬会社が扱う薬の情報を病院側に伝えることですが、ときには病院側からの情報を吸い上げることもあります。

たとえば「持病のある患者さんに使用したら思いがけない副作用が出た」「この薬はこういった特徴があるので使用しにくい」「効果が高いので、後発の医薬品が出たらぜひ取り扱いたい」など、現場で実際に医薬品を使用する医師や薬剤師の耳に声を傾けることで、医薬品の副作用や改善策についてメーカー側に伝えることができます。

日本では、「市販されている医薬品に副作用が発生した場合にすぐに厚生労働省に報告しなければならない」ということが、薬事法で定められています。

製薬会社と病院の架け橋となっているMRは、こうした副作用をいち早く発見して報告することで、医薬品の被害を最小限に抑えるという重要な役割も担っています。