【2022年版】建設機械施工技士の年収はいくら? 給料についてくわしく解説

平均年収

建設機械管理技士のおもな活躍の場は、各種土木工事や建設工事を手掛ける建設業界の会社となります。

建設機械管理技士の国家資格は、建設機械オペレーターなどとして、一定の実務経験を積んだ人だけが取得できるものであることから、一般の技術者よりは給料が高めに設定されていることがほとんどです。

年収は400万円~500万円程度がボリュームゾーンといわれますが、経験やスキルがある人ほど高く評価されやすく、よりよい収入を得ることが可能です。

ベテランの建築機械施工技士となって責任あるポジションを任されるようになると、年収800万円程度を得ている人もいるようです。

また、建設会社は大小さまざまな規模の会社があり、大手企業になればなるほど給与水準は高くなる傾向にあります。

取得手当が支給されることも多い

建設機械施工技士を含め、各種「施工管理技士」の資格を持っている人には、多くの企業で「資格手当」が支給されます。

資格手当は、資格を取得したタイミングで付与される報奨金や、毎月の給与に付く手当があり、毎月の資格手当の額は5,000円~20,000円程度が相場となっています。

とくに1級の資格を持っている人には、より高額な資格手当が付くことが多く、この資格手当の額や支給状況によっても収入には違いが出てくるでしょう。

複数の施工管理技士の資格を持っていると、さらに収入はアップすることがあります。

1級の資格取得者は優遇されやすい

多くの施工現場で建設機械が用いられていることから、現場の責任者になれる建設機械施工技士を求める企業は多く、求人も多数出ています。

建設機械施工技士の有資格者は優先的に採用されやすく、就職や転職時にも有利になるでしょう。

1級の資格を持っていれば大規模な工事現場で監理技術者としての役割を務めることができ、携わることができる仕事の幅も広がるため、さらなる収入アップにつなげやすくなります。