介護福祉士になるための学校

介護福祉士の養成施設

介護福祉士になるには、介護福祉士の国家資格を得て、登録を行う必要があります。

国家資格を得るためのルートはいくつかありますが、代表的なルートのひとつが介護福祉士の「養成施設」で学ぶ方法です。養成施設には、専門学校、短期大学、大学などの教育機関があります。

それぞれの教育機関では、厚生労働省の基準に沿って介護福祉士の養成カリキュラムが編成されており、養成課程を卒業することで、介護福祉士の資格取得が可能です。
※ただし、2022年度の卒業生からは養成施設を卒業した場合でも、国家試験を受けることが義務化される見通しです。

各養成施設で勉強する科目や実習時間などは変わりありませんが、養成期間や卒業要件、教員体制、学校の施設、与えられる学位などに違いがあります。

介護福祉士の専門学校と短大

専門学校や短期大学の多くは、介護福祉士養成期間が「2年」となっています。

2年間の間にどういった内容で学習していくのかについては、学校のカリキュラムにより異なります。

短期大学の特徴は、介護や福祉に関する専門的な科目以外に、教養科目も置かれていることです。

図書館、体育館・運動場などの施設規模が大きく、教員の面でも充実していますが、その分、短期大学は専門学校よりも入学金や授業料は高くなりがちです。

短期大学を卒業すると、「短期大学士」という学位が授与されます。

一方、専門学校ではどちらかというと、将来の仕事に直結した教育がなされます(教養科目を置く専門学校もあります)。

そのため、就職率は高めとなっているようです。

専門学校を卒業すると、一般的に「専門士」という称号が付与されます。

介護福祉士養成の4年制大学

介護福祉士を養成する4年制の大学も全国にあります。大学は、短期大学や専門学校と比較して教育機関が2年長いため、教養教育が充実しています。

福祉や介護福祉学、生活科学、社会学などの学部の中に介護福祉士養成の学科が設置されていることが多く、介護福祉士の養成と同時に、幅広い科目を学ぶことができます。

年次が上がるとゼミに入り、研究テーマを決めて、卒業論文を提出して卒業するというプロセスになっているため、じっくりと視野を広げやすい環境だといえます。

また、介護福祉士養成施設として指定されている大学では、同時に「社会福祉士」の養成課程が組まれていることが多いため、進路の選択肢も広げやすいです。

しかし、在籍年数が長くなる分、短期大学や専門学校と比較すると入学金や授業料は高額になりがちです。

大学を卒業すると「学士」の称号が付与されます。卒業後には福祉業界ではなく、一般企業に就職する学生の割合が短期大学や専門学校よりも高いことも大学の特徴です。

仕事体験談