介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事とは

介護福祉士とは、日常生活が困難な高齢者や身体・精神に障害のある人などに対して、食事や入浴、排泄などの身体介護を行う仕事です。

介護するだけでなく、周囲で介護をする家族などの人に対して、どのように介護をしていけばよいかという相談に乗ったり、アドバイスをしたりする役割も担っています。

介護福祉士の業務の内容

1.身体介護

食事・排泄・衣服の着脱、入浴をはじめとした身体の衛生管理(清拭、洗顔や歯磨き)などを行います。

そのほかベッドから車いすへの移乗や自動車への乗り降りや歩行補助、車いすでの移動などもあります。

とくに介護保険施設では、厚生労働省令の「施設及び設備に関する基準」に基づいて一週間に2回の入浴が定められ、入浴または清拭をしなければならないため、介護を行う上で重要な仕事です。

日常生活でどんな動作が困難なのかは人により異なるため、利用者がどんなことを望んでいるのかを考えながら、一人ひとりの自立度にあった介護を行うことが大切です。

2.生活援助

食事(調理や配膳、下膳なども含む)・洗濯・掃除など室内の整理整頓、必要な買い物などの日常的な家事全般を援助します。

とくに、在宅介護では家事援助は重要です。

掃除の仕方や調理の方法など、その家によってやり方が異なるため、利用者やその家族に配慮して家事の援助をすることが必要になります。

利用者本人が、その人らしい生活を地域で送るために、どのような援助が必要なのかニーズをくみ取って援助します。

3.相談・助言

介護を受ける対象者だけではなく、その家族など介護者も含め、生活・身体・介護に関しての相談にのったり、助言をしたりします。

そのためには、介護に関しての専門的な知識と技術が必要で、介護食の調理方法や、どんな福祉用具があるのかなど、介護を送る上で日常的に必要な介護の知識が要求されることがあります。

4.社会活動支援

介護を受ける対象者は、社会的に孤立しがちなため、介護福祉士は家族や近隣の人たちとのよい対人関係が築けるように支援する役割があります。

また地域のサークル活動などの社会活動の情報提供などをして、利用者の生きがいづくりをすることもあります。

介護福祉士の役割

国家資格をもって働く

介護福祉士は「社会福祉及び介護福祉士法」に基づく国家資格を持って働きます。

この法律では「誠実義務」「信用失落行為の禁止」「連携」「秘密保持義務」といった条項が定められており、介護福祉士はこれらを守って業務に当たらなくてはなりません。

「介護サービス提供者としての誇りを持ち、利用者一人ひとりの人権や自立を尊重し、その人に合う介護をすること」「業務を通じて知りえた秘密を漏らさないこと」などが明言されており、介護者側の勝手な判断で介護をすることなく、利用者やその家族に適した介護サービスを誠実に提供していくことが求められています。

利用者とのコミュニケーション

介護福祉士と利用者との信頼関係はとても重要です。

利用者とより良いコミュニケーションを築き、信頼関係を構築していくことによって安心してサービスを利用してもらうことができ、スムーズに介護を行うことが可能になります。

そのために、介護福祉士はコミュニケーションスキルを向上させなくてはなりません。

言葉で上手く話せない高齢者の利用者とのコミュニケーションでは、身振りやボディタッチ、コミュニケーションボードやその人の関心のあるものなどの非言語的コミュニケーションを用いるなど、さまざまな工夫を行いながら、利用者と上手にコミュニケーションを図る姿勢が求められます。

情報収集と臨機応変な対応

介護福祉士は、利用者の心身状態を適切に判断して臨機応変な介護をする必要があります。

いつも同じ介護サービスを提供するのではなく、日々の利用者の変化に気付くことが大切です。

そのためには「高齢者だから」「障害者だから」と一括りにせず、利用者一人一人に対して病状や経歴などの基本情報を確認し、関わりながら介護される人の知識を増やしていきます。

病状・障害を知ること、自立度を知ること、性格やこだわり・好みを知ることなど普段から利用者に関心を持ち、何か気がついたことがあったときには、介護の知識や医療、栄養面、心理面など、介護福祉士として培った知識や経験などから問題を分析し、根拠を見出し対応します。

利用者を看取ることも

高齢者で寝たきりの方が多く入居している施設や、介護度が重度の疾患者が多い病棟などで勤務する場合、利用者を看取り死亡処置を行うこともあります。

医師が死亡を確認した後、看護師とともに家族に引き渡すための準備を行うまさに「おくりびと」のような役割をすることもあります。

介護福祉士の勤務先の種類

介護福祉士は、老人保健施設をはじめとした介護施設がおもな就職先となります。

居宅サービスの事業所ではホームヘルパーのリーダー役となる「サービス提供責任者」を務めることもあります。

国家資格が必要なる職種であることから正社員として採用されることも多く、ホームヘルパーとの待遇は大きく異なります。

また介護福祉士の資格を取得していると、障害を持った方が利用する施設でも働くことができるため、就職先の選択肢はより広がります。

介護福祉士の勤務先の種類・活躍の場

介護福祉士と関連した職業

介護福祉士とホームヘルパーの違い

介護を担う同様の資格として「ホームヘルパー」がありますが、ホームヘルパーが公的認定資格であるのに対して、介護福祉士は国家資格です。

そのため、介護福祉士の試験の方が難易度は高く、取得するために必要な年数も長くなります。

資格がなくても介護の仕事をすることは可能であり、介護福祉士とホームヘルパーで実際の作業内容は大きく変わりありませんが、介護福祉士の方が就職や給料の面でやや有利となります。

介護の仕事をする人たちを「ケアワーカー」「ホームヘルパー」「寮母」「介護職員」などと呼ぶこともありますが、介護福祉士は名称独占資格なので、その資格取得者しか介護福祉士の名称を使用することはできません。

ホームヘルパーの仕事

介護福祉士と看護師の違い

介護福祉士はあくまで介護のための資格で、看護師のような医療行為は認められていないため、介護福祉士は「利用者の生活全般」を多方面から捉えます。

一方、介護福祉士と対比される看護師は、医学的な視点で利用者を捉えています。

つまり、利用者に病気があるのかないのか、血液検査の数値が正常か異常かといった医療従事者のような視点から診るのが看護師、利用者の生活スタイルを全般的に見て、相手の考え方や生き方を尊重し、その自立を支援していくのが介護福祉士といえます。

看護師の仕事