介護福祉士になるには? 資格を取るには?

介護福祉士になるまでの道のり

介護福祉士は国家資格であるため、介護福祉士の資格を得て、登録を行う必要があります。

介護福祉士の資格を得るための方法は「養成施設を卒業する」または「国家試験を受験して合格する」という2種類の方法があります。

養成施設を卒業する

厚生労働大臣が指定する介護福祉士の養成施設(一般にいう学校)を卒業することで、介護福祉士の資格を取得することができます。

1.2年以上の養成施設(専門学校、短期大学、大学)を卒業する。
2.福祉系の大学で、指定科目を履修した者が1年間の養成施設を卒業する。
3.社会福祉士養成施設等を卒業(修了)した者が1年間の養成施設を卒業する。
4.保育士(保母)養成施設卒業者が1年間の養成施設を卒業する。

現在、2)と3)に該当するような1年間の養成施設はありませんが、保育士(保母)資格保持者を対象とした1年間の養成施設は全国にあります。

現在、国では介護福祉士の養成施設卒業者に関する議論も進められており、2022年度の卒業生からは養成施設ルートを選んだとしても、国家試験を受けることが義務化される見通しです。

(※なお、2017年から2021年度の卒業生は国家試験の受験を任意とし、未受験・不合格でも卒後5年間は介護福祉士になることが可能。その5年間で国家試験に合格するか、連続して介護の実務に従事すれば6年目以降も介護福祉士を保持できる、という方針が打ち出されています。)

国家試験を受験するために

介護福祉士の国家試験は誰でも受けられるわけではありません。

受験資格を得るには「3年以上の実務経験を積む」か「福祉系高校を卒業する」ことが必要です。

またそれぞれに必要な条件が違うため、しっかりと確認することが必要です。

3年以上の実務経験を積んだ場合

1.筆記試験と実技試験を受験
2.介護技術講習を受け、筆記試験を受験(実技試験は免除)
3.実務者研修を受け、筆記試験を受験(実技試験は免除)

福祉系高校を卒業した場合

1.旧カリキュラム(平成20年度以前入学者)→筆記試験と実技試験を受験
2.新カリキュラム(平成21年度以降入学者)→筆記試験を受験(実技試験は免除)
3.特例高校等(平成21年度以降入学者)→実務経験9ヵ月以上を積んだうえで、筆記試験と実技試験を受験するor介護技術講習を受けて筆記試験を受験(実技試験は免除)

最新の情報をチェックする

介護福祉士に関する法律は、毎年のように改正が行われています。

直近でも「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、第29回試験(平成29年1月下旬に筆記試験実施予定)から、実務経験ルートによる受験資格は「実務経験3年以上」かつ「実務者研修修了者」になることが公表されました。

受験資格に関する詳細および最新の情報をしっかりと確認することが必要です。

財団法人 社会福祉振興・試験センター

介護福祉士になるための学校の種類

介護福祉士の「養成施設」で学ぶ場合、専門学校・短期大学・大学などの教育機関があります。

専門学校では将来の仕事に直結した教育がなされる傾向にあり、短大や大学では介護や福祉に関する専門的な科目以外に、教養科目も学ぶことができます。

とくに4年制大学では幅広い勉強ができ、また同時に「社会福祉士」の養成課程も組まれていることが多いため、進路の選択肢が広げやすいことが特徴です。

大学の場合は約400万円、短大や専門学校の場合は約200万円程度の学費が必要です。

介護福祉士養成施設からの資格取得は、選択した学校によって試験内容や合格までの道のりが変わってくるため、事前にしっかりと確認することが必要です。

介護福祉士になるための学校と学費(専門学校・大学)

介護福祉士に向いている人

介護福祉士に向いているのは「人の役に立ちたい」などの福祉の精神を持っている人です。

困っている人や苦しんでいる人を助けて喜んでもらいたい気持ちがあれば、介護福祉士の適性があるといえるでしょう。

どんなに人と接することが好きでも、実際に介護をしていくと利用者から怒られたり苦情を受けたりすることもあるため、思いやりだけではなく、忍耐力も必要とされる仕事です。

介護福祉士に向いている人・適性・必要なスキル

介護福祉士のキャリアプラン・キャリアパス

介護福祉士のスタートラインはさまざま

介護業界ではさまざまな世代の人が新人介護福祉士として働いています。

高校卒業後に養成校を出て介護福祉士になった人と、長年の主婦経験を生かして介護福祉士になった人とでは、生活の経験値は大きく異なります。

若くて経験が少ないから介護福祉士として未熟だということではありませんし、社会人経験が豊富だからといっても、すぐに介護福祉士として活躍することができるというものでもありません。

スタートラインの年齢や状況は異なりますが、仕事をしていく上で同じ介護のプロとしては変わりがなく、介護に対するプロ意識や学ぶ意欲、自己研鑽の姿勢など、介護福祉士取得後にこの職務をどう培っていくかが問われます。

認定介護福祉士を目指す

現在、介護キャリアパスでの最上位資格に「認定介護福祉士」があります。

介護福祉士のリーダー的存在として位置づけられ、医療分野などと連携して介護を行える人材として期待が高まっています。

認定介護福祉士は、介護福祉士資格を取得し、かつ実務経験が5年以上あり、指定の養成研修を修了することで取得できます。

2017年に第1号認定介護福祉士が誕生したばかりの新しい資格ではありますが、今後は認定介護福祉士を目指す人が多くなり、介護福祉士のキャリアパスとして浸透していくと考えられます。

介護福祉士を目指せる年齢は?

介護福祉士試験には年齢制限は一切ないため、何歳からでもチャレンジすることができます。

40代以降の受験者も多く、現場では60代や70代で働く人も少なくないため、これから介護を本格的に始めたいという人にとって挑戦しやすい国家資格となっています。