介護福祉士の1日のスケジュール・生活スタイル

介護福祉士の業務スケジュール

介護福祉士は、高齢者や障害を抱える人が利用する施設のほか、グループホーム、地域包括支援センター、デイサービスなど、多岐にわたる場所で活躍しています。

いずれも利用者の身体介護や生活支援を行うことは共通していますが、勤務先によって働き方は少しずつ異なります。

施設で働く介護福祉士のある1日

特別養護老人ホームや老人保健施設の特徴は、24時間の介護サービスが提供されていることで、「日勤」と「夜勤」の勤務シフトがあります。

以前は集団介護が中心だった介護業界も、最近ではユニットケアが取り入れられて、利用者個々にあった介護が提供されるようになりました。

介護施設に入所している多くの利用者の要介護度は重いため、介護職員はチームワークで利用者の介護を支えます。

9:00 出勤
夜勤スタッフからの申し送りを聞き、利用者の夜間の様子を把握します。
10:00 清掃・見守り
担当利用者の居室へ行き、利用者のバイタルチェックや居室の掃除、環境整備を行います。
適宜身体介護、食事介護などの介護や見守りなどを行います。
11:00 レクリエーション活動
ビデオ鑑賞・歌や簡単なゲームなどを通して利用者同士の交流を深め、リハビリにもつなげます。
季節の行事や誕生日会などを企画することもあります。
12:00 昼食
食事の介助だけでなく、服薬が必要な利用者への見守りや口腔ケアも重要な仕事です。
13:00 排泄・入浴介助
トイレに誘導して排泄介助をしたり、入浴日であれば一人一人準備をして入浴をさせたりします。
15:00 おやつ・お茶(水分補給)の提供
17:00 夜勤スタッフと交代
夜勤スタッフが出勤してくるので、日中の状態を申し送りします。
18:30 帰宅
利用者の状態を描き残したり、気になったことを相談したりすることもあります。

デイサービス施設で働く介護福祉士のある1日

利用者が自宅から来所するデイサービス施設では、朝から夕方近くまで介護サービスを提供します。

8:30 出勤
9:00 ミーティング
昨日の引き継ぎ業務の確認とミーティングをスタッフ全員で行います。
9:30 利用者のお迎え
利用者の出迎えをして1日が始まります。
送迎が必要な場合はスタッフが交代で行います。
利用者一人ひとりと挨拶をしながら、その日の健康状態を確認します。
10:00 入浴介助・機能訓練
利用者一人一人に対し必要な介護を行っていきます。
リハビリテーションを行うことも少なくありません。
12:00 昼食
配膳をし、利用者を席に誘導し、必要に応じて介助をします。
その後は口腔ケア(歯磨きなど)を行います。
介護福祉士も利用者と一緒に食事をとることが多いです。
13:00 レクリエーション
折り紙や歌、簡単な体操などのレクリエーションを行い、利用者それぞれが自由に過ごします。
15:00 おやつ・お茶
おやつを出し、帰宅の準備やトイレ誘導などを済ませます。
16:30 お見送り
利用者の方が帰宅してからは、フロアの清掃や明日の準備などを行います。
17:30 業務終了
一日の記録とミーティングをして業務終了です。

レクリエーションの企画・運営を考えたり、利用者一人ひとりに合ったサービスの内容を考えたりしていると残業になることもあります。

在宅介護で働く介護福祉士のある1日

ホームヘルプサービスのことを「訪問介護」といいます。

訪問介護では、介護福祉士は利用者宅に訪れ、サービス提供責任者が事前に立てた介護計画に基づく介護サービスを行います。

訪問介護の仕事では、いわゆる「直行直帰」つまり自宅から直接利用者宅に行き、サービスを提供して終わったらそのまま帰宅するという形で働きます。

9:30 事業所へ連絡
事業所(ヘルパーステーション)に連絡をし業務を開始します。
10:00 一件目のお宅へ
60分間の身体介護。朝食の配膳と介助を担当します。
11:30 二件目のお宅へ
60分間の居宅の掃除と昼食の調理を担当します。
13:00 三件目のお宅へ
身体介護と生活援助を担当します。
入浴の介助のほか、部屋の清掃・洗濯を行いうため120分間の利用です。
17:00 業務終了
事業所(ヘルパーステーション)に連絡をして本日の業務は終了です。

訪問介護では、計画内容を時間内にこなすだけではなく、利用者のその日の様子を観察して記録に残し、他の専門職のスタッフと情報を共有できるように報告する必要があります。

介護福祉士の勤務時間・休日・仕事は激務?