柔道整復師の仕事内容

柔道整復師の仕事とは

柔道整復師とは、骨や関節、筋や腱、靭帯といった箇所に発生する骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などを治療する仕事です。

柔道整復師の特徴は、基本的に素手でのみ治療を行うことです。

病院と異なり投薬や手術は行わず、湿布や包帯、テーピングのみで施術をします。

人間の持つ自然治癒力を発揮させるという東洋医学の考え方で治療法が成り立っています。

このような柔道整復師の施術は「医療類似行為」といわれており、「骨や筋肉などに加わる急性又は亜急性の外傷性の骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対しての整復や固定をすること」の範囲内であれば、医師の医療行為と同じ施術(医療類似行為)を行うことが可能です。

ただし、骨折や脱臼の治療については、応急処置以外では治療の際に医師の同意が必要とされています。

柔道整復師の業務の内容

柔道整復師とは何か

柔道整復師は、外科のような手術をせずに、人間の治癒力を利用して骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などを治療する伝統的な医術による施術を行う治療家です。

その治療は「医療類似行為」と定められていることから、慢性的な肩こりなどを除けば保険治療が適用されます。

柔道整復師は「ほねつぎ」や「接骨師」と呼ばれ、昔から親しまれてきました。

ほねつぎは接骨術を継承していますが、柔道の師範や師範代などが資格を取得して接骨院を営むケースもありました。

現在はそうした接骨院や整骨院で働く人を「柔道整復師」、または略して「柔整師」といいます。

柔道整復師の施術とは

病院の整形外科で働く柔道整復師の場合、CTスキャンなど病院にある最新の設備を利用して治療を行うことがあります。

ですが、柔道整復師は基本的に、目で見る「視診」と、患部に触れる「触診」によって損傷の状態を正確に把握し、損傷の状態にあった適切な判断と治療ができるように訓練されています。

単に患部が痛いといっても骨が折れている場合もあれば、関節が外れている場合もあります。

また、肉離れを起こしている場合や、単なる打ち身である場合など、損傷の仕方はさまざまです。

柔道整復師は患部や患者さんの様子を見て、そして触れることによって、損傷の状態を判断するのです。

そして損傷ができるだけ早く回復するように、固定や整復、理学療法、運動療法、テープ療法など、損傷に合わせた治療を行っていきます。

柔道整復師の役割

患者さんの自然治癒力を生かした治療をする

柔道整復師は人間が持つ治癒力を利用して治療を行います。

なかには損傷が重篤なために長期に渡る治療が必要な場合や、治癒しているにも関わらず、損傷した部分に不快や違和感などをおぼえたり、うまく動かなかったりすることもあります。

また、損傷したことが原因で、損傷した部分以外に不快や違和感をおぼえるようになってしまうこともあります。

そうした場合、柔道整復師は損傷した部分だけでなく、患者さんの体全体の様子を視診・触診して診断し、施術をしていきます。

しかしながら、患者さんが柔道整復師の指導をよく聞き、守ってくれなければ効果は現れません。

そのため、治療において患者さんと柔道整復師との間の信頼関係があるかどうかは非常に重要となります。

患者さんとの信頼関係を築きながら治療を行っていくことが柔道整復師の役割でもあり、大きな信頼を得てこそ治療もうまくいくのです。

柔道との関連性は?

柔道整復術は1920年に公認されたのですが、このときの資格は「柔道の教授をなす者」が捻挫や脱臼などの治療を行えるというものでした。

武術である柔道ではケガをすることが多々あり、そうしたときは、柔道の先生が治療を行っていました。

柔道整復師が治療で行う技術は、昔から伝えられてきた柔道の技や、柔術の特性を生かして発展していきました。

柔道で使われる当身技、投技、関節技の知識が損傷を回復する技術に生かされてきたのです。

柔道整復師の技術は柔道の発展とともに歩んできたといってもいいでしょう。

そのため柔道整復師の名称には「柔道」という文字が含まれています。

現在でも、柔道整復師の養成学校の授業では柔道が行われる場合もありますが、柔道の技術が優れていなければ柔道整復師になれないわけではありません。

柔道整復師の勤務先の種類

代表的な活躍の場は接骨院や病院

柔道整復師の勤務先として最も代表的といえるのが、接骨院や病院の整形外科です。

とくに接骨院に関しては、柔道整復師が個人で運営する地域密着型の小規模な院も多くあります。

日常生活のなかで、何かしらの原因で筋肉や骨に違和感を抱えている患者さんにとって、柔道整復師が活躍する接骨院は心強い存在となります。

スポーツや福祉・介護分野などでの活躍も

柔道整復師は、近年活躍の場が広がっています。

病院や接骨院に勤務する以外にも、たとえば最近ではスポーツトレーナーとして、アスリートの身体のケアや治療の面で活躍する人が増えています。

また、高齢化社会が進むなか、近年では福祉や介護業界における柔道整復師の需要が高まっています。

具体的にはリハビリテーション施設や老人ホームに勤務し、身体機能の訓練を行ったり、高齢者同士のコミュニケーションのお手伝いをしたり、一人ひとりの精神的な支えになったりと、多様な役割を果たしています。

柔道整復師の就職先と仕事内容の違い

柔道整復師の仕事の流れ

接骨院などで患者さんの治療にあたる柔道整復師は、院の診療時間に合わせて仕事をします。

来院された患者さんをお迎えすると、まずは身体のどこに不調があるのか、いつから調子が悪いのかなどを詳しくヒアリングします。

そして視診や触診によってさらに詳しい状態を判断し、症状に合わせてテーピングをしたり、包帯や湿布などを使ったりして適切に治療を行います。

治療が終わればお会計や次回の予約を受け付けて、患者さんをお見送りします。

なお、柔道整復師の治療は西洋医学のように薬を用いないため、完治するまでに時間がかかる場合もあります。

その間、患者さんは継続的に通院をし、柔道整復師が都度状態をチェックしながら改善へと導いていきます。

柔道整復師と関連した職業

柔道整復師と整体師の違い

柔道整復師と整体師は、似たような職業だと捉えられることも多いですが、具体的な仕事内容などには違いがあります。

まず柔道整復師は、人間の持つ自然治癒力を生かして、骨や関節、筋や腱、靭帯といった箇所に発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などを治療する仕事です。

投薬や手術は行わず、テーピングや湿布、包帯を用いた施術を行い、柔道整復師の治療は「医療類似行為」とされ、一部の症例を除いて保険が適用されます。

一方、整体師は肩こりや腰痛などに対し、筋肉の矯正・緩和をさせる技術を用い、症状の回復を促す仕事です。

整体師は整体院で働くことが多く、カイロプラクティックなど「代替医療」と呼ばれる種類の施術に携わります。

柔道整復師は所定の養成学校で3年以上学んだのち、国家資格を取得して働きますが、整体師には国家資格がなく、さまざまな民間団体が認定する民間資格のみとなっています。

整体師の仕事

柔道整復師と理学療法士の違い

柔道整復師と理学療法士は、どちらも国家資格を取得して働く職業ではありますが、一番の違いは、自分の判断で施術を行うことができるかどうかという点にあります。

柔道整復師は、骨折や脱臼など、医師の指示を仰ぐ必要がある一部の症例を除けば、自ら診察をしてテーピングなどの施術を行うことができます。

一方、理学療法士は必ず医師の指示を受けて、「歩く」「座る」「立つ」「寝返りをうつ」といった身体の基本的な機能回復のためのリハビリテーションに携わります。

また、柔道整復師が接骨院や整形外科などに勤務するほか、独立・開業して自ら院を経営していく人がいるのに対し、理学療法士には開業権がないため、おもに病院などの医療機関や、医療機関と連携した高齢者施設などに勤務します。

理学療法士の仕事

柔道整復師と整形外科医の違い

柔道整復師と整形外科医の一番の違いは、医師であるかどうかです。

整形外科医は医師免許を持った医師であるのに対し、柔道整復師は医師ではありません。

医師免許を持っていれば、ほぼすべての医療行為を行うことができますが、柔道整復師は医師ではないため、その治療は正しくは「施術」と呼ばれます。

また、柔道整復師は打撲・捻挫・脱臼・骨折といった損傷に対して、手術や薬品の投与を行わずに、人間が持つ治癒力を利用して患部を固定するなどの方法で治療を行います。

一方、医療行為に関して専門的な知識を持つ整形外科は、必要に応じて手術や投薬なども行いながら治療をします。

整形外科として働くには医師免許が必要で、大学の医学部や医科大学で6年間学び、医師国家試験に合格して免許を取得する必要があります。