柔道整復師に向いている人・適性・必要なスキル

柔道整復師に向いている性格・適性

患者さんと真剣に向き合えること

「医療従事職」といわれる職種はいろいろありますが、柔道整復師は他の職種に比べて、比較的長く患者さんと関わることが多い職種です。

それというのも、人間の自然治癒力を用いる柔道整復師の施術では、治癒するまでに時間がかかったり、長いスパンで回復を目指していったりすることもあるからです。

その間は、患者さんの状態の変化を見ながら、適切な施術やアドバイスを行っていく必要があります。

患者さんに対して正しい指導をするには患者さんの日常生活にも触れることになりますから、柔道整復師の仕事は患者さんとの信頼関係を築くことが大切です。

患者さんが感じている細かな不快や違和感などの話を聞いて、そして目で見て、触れて患者さんの様子を感じ取って治療をしていくのです。

そのため患者さんとしっかりと向き合い、コミュニケーションをとっていこうとする姿勢は、柔道整復師には必須といっていいでしょう。

さまざまな世代・立場の人に対応していくこと

近年、柔道整復師はさまざまな場所で必要とされており、接骨院や整形外科に勤める以外にも、介護保険関連施設やスポーツ関連施設、健康関連施設、美容サロンなどで働く人も増えています。

とくに高齢化した現在の日本では、介護保険関連施設において、柔道整復師が高齢者の筋力強化のための機能訓練指導などを担当することもあります。

柔道整復師の仕事では、子どもや学生から働き盛りの人、主婦、そして高齢者まで、幅広い年齢とさまざまな立場の人と接することが特徴です。

また、職場や活躍の場もさまざまな領域に広がってきているので、その場の状況や求められているものを理解して、臨機応変かつ柔軟に対応していくスキルが求められます。

人間の身体や健康に興味があること

柔道整復師の仕事を簡単にいえば、人を元気にしていくことです。

この仕事をするうえで、人間の身体の構造を理解しておくことは大前提です。

また、柔道整復師の施術の技術にはさまざまなものがあり、それを習得するにはそれなりの時間がかかります。

たくさんの患者さんを助けることができる柔道整復師になるためには、まず自分自身が人の身体や健康に興味があり、勉強を続け、それを突き詰めていきたいと思えることが大事だといえるでしょう。

本気で頑張る気持ちがあれば、どのような人であっても、柔道整復師として活躍できるチャンスはあります。

柔道整復師になるには・必要な資格は?

柔道整復師に必要なスキル・能力

手先の器用さ

柔道整復師は骨や関節、筋や腱、靭帯といった箇所に発生する骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などを治療します。

治療では医師のように手術をせず、人間の自然治癒能力を利用して固定や整復といった手法をとっていきます。

病院であれば、包帯を巻くなどの仕事はおもに看護師が行う仕事ですが、柔道整復師の治療現場では、患部に当て木を当てたりギブスで固定したり、またはテーピングしたりするようなことは、専門的な知識のもとに柔道整復師自身が行わなくてはなりません。

そのため、柔道整復師は一定の手先の器用さが求められます。

最初はうまくできなくても、丁寧に作業を進めていこうとすることが大事です。

物事をわかりやすく説明するスキル

柔道整復師が施術をする際には、まず患者さんの状態を正しく理解する必要があります。

そして、患者さんが実際にどのような状態にあるのかや、症状を改善するためにどのような施術をしていくのかなどを、わかりやすく説明することも欠かせません。

たいていの患者さんは柔道整復師と違って専門的な知識を持っているわけではないため、難しい専門用語を多用したり、複雑な話し方をしてしまえば、患者さんに余計な不安を与えてしまう可能性もあります。

相手の立場を理解し、物事をわかりやすく説明することは、柔道整復師には必要なスキルのひとつだといえます。

柔道整復師に向いていないのはどんな人?

柔道整復師の勤務先はさまざまですが、全体的にいえるのは、個人の能力が強く問われる仕事だということです。

もちろん、何人もの柔道整復師が在籍する整骨院などでは、お互いに協力しながら営業し、患者さんと接していくようなこともあります。

しかしながら、施術の際には基本的に患者さんと1対1になり、患者さんは実際に担当してくれる目の前の柔道整復師を信頼して施術を受けることになります。

そのため、信頼される柔道整復師になると「〇〇先生にお願いしたい」と指名を受けることも増えてきますし、独立すればなおさら、自分自身をいかに信じてもらえるかが成功の分かれ道となります。

こうしたことから、柔道整復師は個人の能力を評価されたいと考える人には向いている仕事です。

逆に、そういう働き方はプレッシャーに感じてしまうタイプの人には、あまり向いていないかもしれません。