柔道整復師の一日・生活スタイル

柔道整復師の業務スケジュール

柔道整復師の勤務時間は、勤務先の施設や担当する仕事の内容などによって異なります。

たとえば、整骨院や接骨院に勤務する場合、基本的には診察時間内や受付時間内で働くことになります。

ただし、その前後には準備や片付けなどもあるため、実際の拘束時間は長くなりやすいのが特徴です。

午前診療と午後診療の間には2~3時間程度の休憩をはさむ場合が多いですが、患者さんの状況次第で休憩時間は短くなることもあります。

柔道整復師が朝から夕方までフルタイムで働くかや、パートタイムで1日に数時間だけ働くかなどは、雇用形態によっても異なります。

一方、お客さまの都合に合わせて仕事をするようなスタイルをとる場合は、働く時間帯が不規則になることもあるでしょう。

たとえばプロスポーツ選手のスポーツトレーナーになった場合、試合の前や試合の後に治療を行ったり、試合に合わせて選手の体調を整える手助けをしなければなりません。

日によっては選手と一緒に各地を移動することになり、休日も不規則なものになる場合があります。

地域密着型の整骨院で働く柔道整復師の1日

整骨院・接骨院や病院における柔道整復師の勤務時間は、施設の受付時間や診療時間に合わせることから、ある程度決まったものになります。

8:30 出勤
治療用の服に着替え、院内の清掃など患者さんを迎え入れる準備をします。
8:50 朝礼
スタッフ全員で連絡事項の共有や挨拶の練習をします。
9:00 受付開始(午前)
患者さんが次々と訪れます。

一人ひとりに笑顔で挨拶し、症状を確認しながら治療を進めていきます。

12:30 午前診療終了
午前の患者さんが多かった日は、治療が昼休みの時間にずれこむこともあります。

午前中は近くに住んでいるお年寄りの患者さんが多いです。

13:00 休憩
柔道整復師の仕事は体力を使うため、昼食をしっかりととってリフレッシュします。
14:30 受付開始(午後)
午後も患者さんが続々とやってきます。

多少手が空いている時間はタオル類の洗濯や、カルテ整理など雑務をテキパキと片付けます。

夕方以降は学校帰りの学生さんや、会社帰りの患者さんが増えます。

18:30 受付終了
最後の患者さんまでしっかりと対応し、笑顔でお見送りをします。
19:00 片付け
すべての患者さんの治療が終わり次第、清掃や片付けを始めます。
19:30 退勤
忙しかった日は、もっと遅くまで残業となることもあります。

帰宅後はゆっくりと身体を休めたり、業務の幅を広げるために関連資格の取得のための勉強をしたりする人もいます。

病院(整形外科)で働く柔道整復師の1日

9:00 出勤
当日の予約状況を確認し、1日の動きをイメージします。

また清掃を行って患者さんを気持ちよく迎える準備をします。

10:00 診療開始
患者さんが来院されると、一人ひとりに症状をカウンセリングし、治療に入ります。
12:00 昼食
患者さんの予約状況によってはもっと遅くなることもあります。
13:00 午後の診療開始
午後は予約なしの患者さんを受け入れているため、午前中よりも忙しくなることが多いです。

集中して治療にあたります。

17:00 診療終了
患者さんの状況次第では、ここからさらに残業をします。
18:00 業務終了
当日の患者さんの治療がすべて終われば片付けをし、業務終了です。

柔道整復師の勤務時間・休日・残業