医療秘書のやりがい、魅力

医療スタッフをサポート

医療現場というのは患者の命を預かる現場であり、医療スタッフは常に大きなプレッシャーを背負いながら仕事をしています。

また、最近は医療スタッフがなかなか休むことができないほど忙しい病院も多く、こうした慌ただしい現場を陰からサポートする医療秘書の存在は非常に大きなものとなっています。

来客のもてなし、スケジュールの管理、取材に訪れた報道関係者への対応など、医療秘書が一つひとつの仕事をスムーズにこなせばこなすほど、医師や看護師が医療に集中できる環境ができることになります。

一緒に働いているスタッフから感謝やねぎらいの言葉をかけられることも多いので、「縁の下の力持ち」として活躍したい人にとっては大いにやりがいを感じられる職場となるでしょう。

最先端の医療に貢献

医療秘書は、実は最先端の研究を陰で支えている存在ともいえます。

医師の学会発表の準備を手伝うこともあり、研究データを入力したり論文を検索したりすることで忙しい医師の負担を減らす役割を果たしています。

こうした医療秘書の活躍は、より質の高い研究発表につながりますので、優秀な医療秘書を雇うことに力を入れている医療機関もあるようです。

医療の世界に関心がある人や、自分の仕事を通して世の中に何か貢献をしたいと願っている人にとっては、社会の役に立つことができる素晴らしい職業になるでしょう。

専門性の高い職業

医療秘書というのは、国家資格ではないので、資格や免許がなければ働くことができない専門職というわけではありません。

しかし、実際には医学の知識や病院内の慣習などに詳しくなければ務まらない仕事なので、この分野で経験を積めば良い条件で就職をできることもあります。

結婚や育児をしながら長く働き続けたいという女性にとって、一般的な事務職に比べると専門性が高く再就職や転職がしやすいということが大きな魅力になるのではないでしょうか。