医療秘書へ転職するには? 未経験・中途採用はある?

医療秘書への転職状況は?

近年、転職や再就職を考える人たちの間で「医療事務」や「医療秘書」などの医療系の事務職が人気を集めています。

大手の通信講座や民間の専門学校でも医療系事務職のスキルを身につける講座が開講されており、こうした分野に関連する検定試験を受ける人も多いようです。

人気の理由としては、「医療系の事務職は正社員だけでなく派遣社員やパートタイマーなど多様な働き方ができるので、ライフスタイルにあわせて働きやすい」ということがあるでしょう。

とくに女性の場合は結婚や育児、介護などによって生活スタイルが変わることが多いので、そのときの生活に合わせて働き方が選択できるのは大きな魅力です。

また、「出張や外回りがない仕事に就きたい」という人や「専門性の高い知識を身につけることで一生働けるようにしたい」という人が転職でこの分野をめざすケースも多いようです。

医療秘書への転職の志望動機で多いものは?

手に職を持つ、専門事務職として安定して働きたいと考える人に人気の医療秘書ですが、医療秘書の転職に際しては、仕事に対するやりがいを魅力の一つに挙げる人や、医療業界に関わり、人の健康のために貢献したいという思いを志望動機として挙げる人が少なくありません。

「患者さんの役に立ちたい」あるいは「医療の発展に貢献したい」という志などと自分のアピールやなりたい具体的な医療秘書像も含めて面接で説明に付け加えられると印象が良いでしょう。

また、特に未経験からの転職の場合は、具体的に実際に通った病院での医療事務の仕事をする人たちの姿に感動して、医療事務に関わろうと思ったエピソードも、志望動機としては印象深くなるでしょう。

医療秘書の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から医療秘書になるには

医療秘書になるためには、採用面接で採用されさえすれば初心者や未経験者からでも医療秘書として業務に携わることができます。

特別な資格や教育課程を受ける必要がないことから、幅広い層からチャレンジできる仕事です。

そのため、一般企業などで事務職として働いた後に、まったく違う分野から医療秘書へ転職するというケースは多くみられ、未経験者への門戸も開かれていると考えて相違ありません。

スキルを積んだ経験者が優遇される医療秘書の世界ですが、未経験であってもチャレンジすることはできます。

また、はじめからフルタイムの正職員は難しいという場合は、アルバイトやパートなどの非正規雇用としての採用から、まずは医療秘書の仕事を始めてみることも選択肢のひとつです。

転職に関しては、常に求人が出ている職種ではないため、タイミングなどが大きく採用に関して影響すると考えられます。

こまめに求人をチェックし、情報を受け取れるようにしておくことも有効な手段です。

医療秘書への転職に必要な資格・有利な資格

医療秘書として働く際に、特に必要な資格や免許、卒業が必要な学歴などはありません。

医療秘書・医療事務関連の資格が一定の知識やスキルを客観的に表す目安になりますので、持っておいて損ではありません。

その場合は、医療秘書の実務に直結する医療事務士、医事管理士、診療報酬請求事務能力認定試験、メディカルクラーク、などの資格がおすすめです。

また、医療現場で働く秘書として、社会人経験や蓄積したスキルが直接生かされる職業ですので、机上でテキストで学んだ知識も必要ですが、実際に人と接して積んだ経験の方が業務にプラスになることもあるかもしれません。

また、レセプトなどの事務作業はパソコンを用いることが大部分ですので、パソコンスキルがあるとなお良いでしょう。

医療秘書に資格は必要? おすすめの資格や検定は?

医療秘書への転職に役立つ職務経験は?

医療秘書として医療現場に携わるのであれば、内外に対してコミュニケーション能力は欠かせません。

前職で携わった接客業などで笑顔とコミュニケーション能力が鍛えられたという人は、その経験が活かせるでしょう。

また、医療秘書は医療の現場に携わる仕事ですので、周囲に適切な指示を出して連携し、迅速で正確な行動をすることがが求められます。

医師看護師をはじめとする仲間である医療チームだけでなく、連携する他部署やよその医療機関、また時には患者さんに対して、コミュニケーションを図ることが求められます。

医療秘書経験はもちろん、医療事務や病院の受け付け、クラークなど、医療現場に少しでも関わっていると仕事のイメージもつきやすく、すんなりと業務に慣れることができる場合もあります。

また、医療秘書は事務職とも切り離せない職種であることから、パソコンなどを使用した一般事務職などの就業経験も医療秘書の転職に役立つ職務経験ということができます。

医療秘書への転職面接で気をつけるべきことは?

転職における面接では、本人の想像以上にビジネスマナーを厳しく見られています。

また、忙しい医療現場では多くの場合、総合病院、大学病院、クリニックなどに関わらず中途採用もしくはパート・アルバイトの求人を出す場合、即戦力になる人を求めています。

新卒のようにゆっくり時間をかけて丁寧に仕事を教えている余裕はないことが当然と考え、少しでも早く業務を理解し慣れるように、業務を覚える姿勢を見せたりメモを取ったり、わからなかったことは自発的に質問したりといった積極性がある人材であることをしっかりアピールできると面接でぐっと好印象になります。

また、社会人として最低限のマナーができていることはどの業種に転職するとしても当然と見られます。

残念な減点をされないように、面接場所での「ノックの回数」、「入室のしかた」「お辞儀の角度」「身だしなみ」など、面接前にはしっかりとマナーブックを読み返して復習しておくようにしましょう。

また、応募書類や面接での受け答えももちろん大切ですが、実は半分以上は見た目の情報で印象が決まってしまうと言われています。

特に医療業界では、患者さんの目もあることから直接現場に出ない職種であったとしても「清潔感」「誠実さ」などの守るべきルールが存在します。

入職後の爪や髪形、化粧などについて面接官が不安を感じるのは問題外です。

髪型は乱れていないか、服装や化粧は適切かどうかなど、面接前にしっかりとチェックするようにしましょう。

パートタイマーや派遣社員などの非正規雇用であったとしても、一般的なマナーを守るよう心がけましょう。

医療秘書に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

必要な資格などが存在しない医療秘書には、医療秘書として勤務した経験の有無などが重要視される傾向にあるため、転職可能な年齢ははっきりと線引きされていない場合が多くあります。

医療業界の法律や医療情報は時代の流れとともに変わることから、医療現場で業務を行う医療従事者は常に勉強を続けている必要があります。

それは医療秘書も同じです。

そういった意味でも、年齢よりもブラッシュアップしているかどうか、といったことの方が重要視される職業といえるでしょう。

また、実際の年齢よりも、社会人スキルやパソコンスキル、常識レベルなどの総合的なスキルレベルで判断されることが結果として多いともいうことができます。

若ければ採用されやすいということはありませんので、しっかりと準備をし、またやる気を含めてきちんと面接でPRすることが不可欠です。

未経験から医療秘書の転職での志望動機

医療秘書は必要な資格や学歴、年齢制限などが特にない職種ですが、転職の場合はやはり即戦力になるスキルを持った経験者が優遇される傾向にあります。

未経験からの医療秘書の転職での志望動機はさまざまで、やりがいや医療業界で医療従事者として働きたいという気持ちであったり、スキルアップして安定して仕事をしていける職種である医療秘書を志したいといったキャリアパス的な選択であったりと、その人自身の考えや就職先の形態などによっていろいろなパターンが考えられます。

経験者に対して絶対的に経験値が見劣りすることはひっくり返しようのない事実です。

率直な志望動機をポジティブに伝え、ブラッシュアップしていきたい向上心とともにやるきや責任感など自分の長所を採用担当者にPRすることが何より重要です。

その際、具体的に自身がどのように貢献できるのかといったところにまで言及できれば、面接では合格点といえるでしょう。