女性の医療秘書のキャリアパス・結婚後の生活

女性の医療秘書の現状

総合病院や大学病院、クリニックに勤務する医療秘書は圧倒的に女性が多いといえます。

その理由は、秘書という職種に対して女性の仕事であるというイメージが強いことを除くと、パートタイム勤務などで正職員としての採用の割合が一般企業などと比較して少ないことや、事務職などより少し多い程度の年収額というあたりにあると考えられます。

医療秘書は、身に着けた知識や経験、スキルなどが幅広く生かされる職種のため、中途採用やパート採用など働き方も多彩で年齢層も幅広くなっています。

特に、中途採用やパートタイム勤務などの場合、前職歴や年齢、卒業の学部・学科などは人によってまちまちです。

医療秘書やそのほか医療業界で何らかの形で医療に従事した勤務経験を持つ人もいれば、医療秘書関連の資格を取ったばかりの人など、様々なバックグラウンドを持つ人が医療秘書として働いているのが現状です。

女性の医療秘書の強み・弱み

女性の医療秘書の強みは、女性ならではの細やかな気遣いが業務や対人の対応に生かせる点です。

医療に携わる仲間や関連医療機関などの内外の医療従事者とかかわる場面で寄り添い、気遣いやフォローを通して働きやすい環境を整える重要な存在である医療秘書には、女性の持つ気配りやコミュニケーション力は大きな力になります。

また、医療秘書の仕事に就いている人のなかには、医療秘書の技能検定などに合格して、一定の知識やスキルをアピールできるようにしている人も多くいます。

医療事務や医療秘書関連の資格試験は年齢や学歴、職歴に関係なく誰でも受験することができるので、子育て中や介護中の主婦でも挑戦することが可能です。

問題集やテキストを購入して、家事や育児、介護の合間に自宅でコツコツと勉強をしている人もいるようです。

独学で勉強をするのは大変かもしれませんが、検定に合格することで就職のときにアピールできる強みができるので、専門性のある事務職に就きたい女性は挑戦してみるのもよいのではないでしょうか。

医療秘書の結婚後の働き方・雇用形態

結婚を機に、退職や引っ越しの選択をする女性も少なからずいる中、実務経験をもつ医療秘書の場合は、総合病院や大学病院、クリニックが経験者を求めるニーズから、いったん退職してしまってもまた次の就業先を探しやすい職種です。

状況が変わっても、自らのスキルで長く働き続けたいという人にとっては魅力ある職種でしょう。

また、総合病院や大学病院、クリニックは全国にあることや、医療業界に携わる人員が縮小されていくことは考えにくい先見性などから、ますます求人の需要は増すものと考えられます。

また、医療業界は特殊な業界であるということも事実です。

一度身に着けた実務経験や専門のスキル、知識は多くの転職先で活かすことができるものともいえます。

そのため、転勤などで生活拠点を変えなければならない場合でも、他の総合病院や大学病院、クリニックへ転職することは、他の一般事務職で就業先を探すケースよりも仕事への不安感は少ないものと考えられます。

医療秘書は子育てしながら働ける?

子育てをしながら医療秘書として働く場合、育児への理解、サポートがあるかは職場次第といえます。

大きな規模の総合病院や大学病院などに勤務する場合は、スタッフもたくさん就業し人手の面でもゆとりがあることから、ある程度の融通を聞いてもらえるケースは多いといえます。

また、様々な手当てや制度なども充実しており、復帰を見こして安心して休暇を取ることも可能です。

女性にとって出産、育児中は、多くの場合、独身時代のような仕事中心の生活はできなくなります。

子どもの突然の発熱や学校行事への参加等、育児と仕事の両立に悩む女性は非常に多いでしょう。

医療秘書が働く医療現場には女性が多いため、働くお母さんにとってワークライフバランスがとりやすい職場環境が期待できます。

産休や育休を取りながら、仕事を続ける環境が整いつつある業界のひとつといえます。

医療秘書は女性が一生働ける仕事?

医療事務や医療秘書として働いている人の割合は、圧倒的に女性が多いようです。

その理由のひとつとして、医療系の事務職は正社員以外にも派遣社員の採用やパートタイマーの採用が多く、家庭との両立をはかりたい女性にとって働きやすい環境があるからといってもよいでしょう。

たとえば、独身女性が「結婚して子どもを産む予定があるので数年だけ働きたい」という希望がある場合は派遣社員として働くという選択ができます。

また、子育て中の主婦が「家事や育児と両立できるよう短時間だけ働きたい」という希望がある場合、一日のうち数時間だけパートタイマーとして働くという選択もできます。

自分のライフプランに合わせて働き方を選びやすいという点で、医療秘書は女性が結婚や子育てをしながらも続けていきやすい職業のひとつといえます。

もちろん、派遣社員やパートタイマーとしての雇用の場合は給料はそれほど高くないのが一般的です。

正社員のように安定した給料がもらえたり一年ごとに昇給したりボーナスがもらえたりするわけではないので、何を優先して仕事を選ぶのかはよく考えたほうがよいでしょう。