医療秘書の需要・現状と将来性

医療秘書の現状

医療秘書」という職業は、名称や業務内容ともに認知され始めてまだそれほど歴史が長くない職業です。

ひと昔前は、病院で働くスタッフといえば「医師」や「看護師」などの医療スタッフがメインで、事務スタッフの存在はそれほど重要視されていませんでした。

特別な知識やスキルがなくても、お会計や患者さんへの対応など基本的な業務ができればよいという考え方のもと、時間の都合のつきやすい人や愛想の良い人を採用する医療機関もあったのです。

しかし、近年では「医療事務」「病棟クラーク」「医療秘書」などの職業名が確立して、さまざまな資格試験や技能検定が行われるようになり、医療系の事務職にもっと専門性を持たせていこうという流れができています。

大病院などから「医療事務」「病棟クラーク」「医療秘書」の業務がしっかりと分業化され、それぞれの担当者が確保できるように人事配置が改善されつつあります。

医療秘書の需要

こうした流れのなかで、大病院や大学病院を中心に医療秘書の採用や人材育成を重要なものとして考えるところも増えてきているようです。

医療業界自体が縮小されることは考えにくいため、今後も、医療現場で働く医療秘書のニーズは一定してあるものといっていいでしょう。

優秀な医療秘書が活躍することは医師不足や看護師不足からくる医療スタッフの過重労働を減らすことにもつながるので、今後は事務能力を持った医療秘書の採用に積極的になる病院も増えるのではないでしょうか。

現状としては、医療秘書はまだまだ世の中の認知度が高い職業とはいえませんが、医療業界がこの先成長していくことは間違いありません。

医療従事者の拡大と、それぞれの分業化はますます進むものと考えられます。

そのため、医療秘書は需要の高い資格であると言っても過言ではないでしょう。

医療秘書の将来性

医療秘書の職場というと、病院を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、実際は、病院以外にも、製薬会社医療機器メーカー、調剤薬局など、さまざまなところで活躍している人がいます。

こうした場では、通常の秘書としての仕事を行うだけでなく、医療情報の管理やレセプト審査の業務など、より医学に特化した専門的な業務を任されることになります。

秘書としてのスキルと医学の知識の両方を活かし、今後さらに活躍の場を広げていくことが期待できる職業といえるでしょう。

しかしながら、今後、働き方改革などにより、大きな病院や大学病院などではアルバイトやパートなどの時間採用として医療秘書を採用するケースが増える可能性があります。

安定した業界や働き口という意味での医療秘書としての就職にはしばらく困ることはないといえますが、それなりの給与を得て、高待遇の下に働きたいと考えるのであれば、将来的に責任者や管理職を目指していく必要があるといえるでしょう。

医療秘書の活躍の場

医療秘書の就職先として、病院や大学、製薬会社などの医療機関が大部分を占めることからもわかるとおり、医療秘書は今後もなくなることはないでしょう。

勤務先によって細かな点は異なりますが、病院や医療関係の企業で仕事を行い、医療チームがスムーズに仕事ができるようスケジュールの管理や来客対応などを行います。

医療秘書になるための資格はありませんが、一般的な秘書検定や医療秘書技能検定を取得することで就職した後の業務を円滑にすることが可能です。

医療秘書は大規模な病院が募集していることがほとんどですが、薬局や製薬会社など、医療関係の会社でも募集しています。

しかし、医療秘書という名称はまだまだ世間に認知されているともいえず、メディカルコンシェルジュや医療事務と呼ばれたりごちゃまぜにされたりすることもあります。

医療秘書で募集がなくても、実際には同じ業務内容の求人もあるため、求人を探す際には関連する業種をじっくり見てみることをお勧めします。