医療秘書と医療事務の違い

医療秘書医療事務の仕事内容の違い

医療秘書と間違われやすい職業に「医療事務」という職業がありますが、医療秘書と医療事務の仕事には、どのような違いがあるのでしょうか?

医療現場で働く医療事務は、診察費の会計やカルテ整理など、患者への対応がメインです。

医療秘書の場合は、一緒に働くスタッフへのサポートをメインとしていますので、この点が医療事務と異なる点になります。

医療事務担当者が働く場所は、主に病院やクリニックの受付窓口や医事課になります。

窓口での医療事務は、まず来院した患者さんの保険証を確認してカルテを作成するために、患者さんの基本情報を登録したり、各診療科への案内をしたりする、患者さんと接する業務が主になります。

事務業務の主な仕事内容は、診療報酬の点数を計算し、明細書(レセプト)作成や診察費の受け取りなどです。

レセプトは専門知識が必要な専門事務と言え、これら医療事務の仕事により、医師看護師が患者さんに円滑に治療を行えます。

一方、医療秘書は医療事務が行っている各種事務・保険請求業務よりも秘書業務や情報管理業務などを重点的に担っています。

医療事務の仕事

医療秘書と医療事務のなる方法・資格の違い

医療秘書・医療事務として働くために必要となる資格は共にありません。

卒業しなければならない学校なども特にありませんので、実際に、医療秘書の経験や資格を問わずに、求人募集を出している病院やクリニックも多いようです。

しかし、どちらにも取得必須ではありませんが、専門知識を身につけられる資格がそれぞれいくつかあります。

どちらも国家資格ではなく民間資格であり、どちらかというと就職時には資格よりも経験が重視される傾向にあるようです。

実際に持っていたからといって就職時に大きく有利になったり、待遇面で優遇されたりといったことは少ないようですが、意欲やスキルや知識のレベルを客観的に示すにはあってじゃまになることはありません。

講習などを受けたり、試験を受験したりなどして認定資格や修了書を取得し、それらをいかして就職する方法もあります。

医療秘書と医療事務の資格・必要なスキルの違い

取得必須ではありませんが、医療秘書の専門知識を身につけられる資格もいくつかあります。

医療秘書の場合は、日本医師会が認定する「日本医師会認定医療秘書」、医療秘書教育全国協議会が認定する「医療秘書技能検定」が有名です。

合格すると、就職活動の際、医療機関側が医療秘書としての習得レベルを判断する1つの目安として役立ちます

一方、医療事務に関連する資格としては、技能認定振興協会が実施する「医療事務管理士技能試験」、公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する「診療報酬請求事務能力認定試験」、全国医療福祉教育協会が認定する「医療事務認定実務者試験」などがあります。

この中で「診療報酬請求事務能力認定試験(公益財団法人日本医療保険事務協会」は厚生労働省が唯一認定した資格です。

医療秘書と医療事務の学校・学費の違い

医療秘書・医療事務の試験には基本的に受験のための年齢制限や特別な資格は必要ありません。

目指す資格が決定したら、独学で勉強を進めることが多いようです。

とはいえ、市販のテキストなどを買って勉強するのが難しいと感じる場合は、通信教育などの講座を受講することも検討してよいかもしれません。

専門学校に通って学ぶ

専門学校に通って学習する場合は、充実したカリキュラムで効率的に学ぶことができ、集中して勉強を進められます。

モチベーションも保ちやすく、しっかりと学習ペースを築くことが可能ですので、どうしても独学では勉強する習慣がつかないという人にはおすすめです。

ただし通学には費用も時間もかかり、講義の時間などに拘束があるため、時間的にも金銭的にも色々と制約が出てくる可能性があります。

学費はおおむね10万円前後といったところが多いようです。

通信講座を受講する

通信講座のメリットは専門学校よりもリーズナブルに、学習計画にそって勉強をすすめることができる点です。

育児中や仕事などで効率的に勉強する時間がない人や、適当な教材が見つけられないなどの問題を抱えている方には良い方法といえるでしょう。

通信講座では、多くの場合添削課題は解説とアドバイスが返答され、学習の弱点や疑問点を解決することができます。

通学型の学校よりも費用が押さえられますので、あまり予算を使わずに地道に学習したいという人におすすめです。

医療秘書と医療事務の給料・待遇の違い

これらふたつの職業では、業種間での待遇や給与の大きな差はあまりないと考えられます。

大きく待遇や給与に影響してくるのは、勤務先によることが多いのではないでしょうか。

例えば、医療秘書の仕事の月収は、フルタイムでおよそ15万円から25万円で、年収はおよそ200万円から300万円ほどとなりますが、医療事務に関してもほぼ同等とみなして間違いありません。

また、大手の民間病院で働く場合、年2回のボーナスが出ることもあり、年収は300万円以上となるケースもありますが、これらは地域によってもかなりばらつきがあります。

また、医療秘書や医療事務としてアルバイトやパートで働く場合は時給1000円ほどとなり、月収は15万円以下が多くなる傾向にあります。

医療秘書と医療事務はどっちがおすすめ?

「医療秘書」は、病院やクリニックで医療サービスの提供を裏から支える職種です。

医師や看護師などの医療従事者が円滑に業務をこなすために、さまざまなところからサポートをします。

医師や看護師の補佐やスケジュール管理、情報収集や他の診療科への情報共有から学術支援業務まで、秘書業務だけでなくあらゆる業務に携わります。

一方、「医療事務」は患者さんが入院や通院時に適切な診察や治療を受けるための役割を担っています。

受付窓口での患者さんの応対をはじめ、診療報酬請求に関わる事務手続きや入院時の病室手配などの事務・保険請求業務を主に行います。

診療報酬請求に関わる医療事務は専門事務職といってよく、高度な専門知識や常のアップデートなどが求められます。

経理事務があまり好きではない人には楽しいと思いにくい職種かもしれません。

より秘書的業務や幅広いサポートが好きな人は医療秘書を、専門事務職として数字を扱うことが得意な人は医療事務を志望するのがひとつの目安になります。