医療秘書の求人状況・就職先選びのポイント

医療秘書の就職先にはどんなところがある?

医療秘書の求人を出しているのは医療機関ですが、これには病院や薬局、製薬会社などが含まれます。

規模の大きい総合病院や大学病院が独立した職種として「医療秘書」を募集していることが多いのですが、病院以外にも薬局や製薬会社、健康保険組合などがあり、活躍の場は多岐にわたります。

近年は、医療機関で働くスタッフの仕事の細分化が進み、それぞれに求められる専門性も高くなってきています。

こうした流れのなかで「医療秘書」や「病棟クラーク」「医療事務」「メディカルコンシェルジュ」「メディカルアシスタント」など、さまざまな職業名で求人が出るようになってきました。

とはいっても、まだこのような名称が世の中に広く浸透しているわけではないので、病院によっては「医療系の事務」や「アシスタント」「院長補佐」などの名称で募集していることがあるようです。

医療秘書の求人を探すときは、医療秘書という言葉がなくても仕事が同じような内容であるケースも多いので、求人の内容をよく見てみるとよいでしょう。

採用情報は、医療機関のホームページや公共職業安定所などで探すことができます。

医療秘書の求人の状況

医療秘書の求人募集は、正社員よりも派遣社員や契約社員、パートタイマーのような非正規雇用が多いという現状があります。

これは医療秘書に限らず医療系の事務職全般にいえることではありますが、女性が中心の職場となっているので、結婚や育児、介護との関連で人の入れ替わりも激しく、正社員以外の働き方を望む人も多いという事情もあるようです、

医療系の人材を専門に派遣しているような民間企業もあるので、医療事務や医療秘書として就職を望む人はこのような企業に登録しておいて仕事をあっせんしてもらうという選択肢もあります。

正社員に比べると待遇や給料に関しては十分に保障されていないことも多いのですが、ライフプランに合わせて退職したり再就職したりしやすいというメリットがあります。

医療秘書の就職先の選び方

医療秘書の仕事内容や待遇は、勤務する店舗や企業などによって大きく異なります。

入ってからこんなはずではなかったということがないために、面接時など事前に疑問点は確認しておくことが必要です。

正職員としての採用の場合は基本的にはフルタイムで平日勤務であることが多いと思われますが、契約職員やパートタイマーなどの非常勤職員の場合、シフト制か固定制か、早出・遅出があるのかどうかを求人の段階でしっかり確認しておくことが必要です。

また、業務に関しても、どこまでの範囲の業務を受け持つことになるのか、出張や残業など頻繁にあるのかどうかも確認しておきたい重要条件のひとつです。

インターネットや求人誌、新聞の求人欄などで就職先を探す場合は、しっかりと募集条件を確認し、またわからないことは面接前の電話などで解決しておくことが望ましいといえます。

医療秘書の志望動機・面接

医療秘書の就職先として最も多いのは、総合病院や大学病院などの大きな医療機関でしょう。

総合病院や大学病院など、規模の大きな医療機関の場合、面接を担当するのは人事課長や医療事務課長の場合が多いようです。

医局採用の場合は教授自らが面接を行うこともあります。

質問内容も、大きな病院の場合は医療の専門知識を持っているかなど、即戦力としての能力を問われる傾向にあります。

クリニックの場合は主に医院長が面接を行なう場合が多く、勤時間や勤務が可能な時間など、比較的パーソナルなことを質問されることが多いです。

面接では、質問に専門用語があったり、PCスキルや経験者の場合は電子カルテ操作経験などを聞かれることもあります。

未経験だと回答に困ってしまうこともあるかもしれませんが、嘘をつく必要はありませんので、素直に「知らない」「これから勉強したい」と言って差し支えありません。

また、医療業界の求人は、経験者を優遇するケースが多いのは事実ですが、関連する資格を持っていれば、未経験でもある程度の知識と意欲を持っていることの証明になります。

医療秘書の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

一般的に大学病院や総合病院、クリニックなどで「医療秘書」という職種で出される求人が多くみられます。

また、地域に密着した医療機関の場合は、店舗に求人が貼り出されたりチラシが置かれたりしているケースもありますし、地元の新聞の求人欄などに求人広告が出されている場合も少なくありません。

働いてみたいと思う大学病院や総合病院が思い浮かぶ場合は、直接問い合わせて求人の有無を確かめてみるのもおすすめです。

昨今、だいたいの病院やクリニックはホームページを持っているケースがほとんどです。

求人情報を公開しているケースもありますので、気になる就職希望先のホームページなどを確認してみるといいでしょう。

一方で、小規模なクリニックなどの場合は、空きが出た場合に交代となる求人を出すケースが多く、ハローワークや新聞などを通じての募集がみられます。

インターネットの求人サイトをチェックすることも有効です。