医療秘書の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

医療秘書を目指すきっかけで多いものは?

医療秘書という仕事を選ぶ際に、最もイメージしやすい勤め先は大学病院などの総合病院ではないでしょうか。

医療秘書を目指すきっかけとしては、

「日頃、病院などに通院した時などに目にした病院で働く人がとても格好よくて、あこがれを持っていました」

などといった憧れや、

「実際の医療現場はちょっと苦手だっだけれど、医療関係で働きたいと思い調べると医療秘書という仕事を見つけ、私にもできそうだと思い決めました」

といった医療現場で働くことから医療秘書という職業を選ぶといったケースが多くみられます。

日常生活の中で身近にある病院で働く人のイメージから、医療に関わった仕事がしたいと思う人や医学や人の健康などに興味がある人にとっては魅力的な仕事場だと感じるでしょう。

また、専門事務職ですので、自分次第でスキルアップしていける点や、就職先である病院やクリニックは全国に点在しており住まいの近くに職場が見つかりやすいことなども家庭を持つ女性にとって目指すきっかけのひとつになることが多いようです。

医療秘書の志望動機の考え方

「医療秘書」になるためには資格や免許などは必要なく、基本的には採用試験を受けることにより、そこでの合否は面接を中心に決まることがほとんどです。

医療秘書は医療現場における対人の仕事であるため、医療現場に対して関心を持っていることはもちろんですが、さらに人に対する気遣いや思いやり、仕事に対する熱意や向上心といった人間性がとても重視される仕事です。

面接では必ず志望動機を聞かれるものと思って、きちんと準備をしておくことが大切だといえるでしょう。

では、医療秘書を目指して就職、転職活動をする場合、志望動機はどのように伝えれば良いのでしょうか。

医療秘書を目指す場合の志望動機としては、たとえば、「未経験からでもキャリアを積むことによって女性でも長く働くことができる職種である」、また「医局で働く意志や看護師など医療チームをサポートし、円滑に業務が回るように補佐することにやり甲斐がある仕事であると感じた」などがあげられます。

面接では、「医療系事務を仕事にしたい理由」と「その病院を選んだ理由」は必ず聞かれると思って間違いありません。

特に、さまざまな業種がある中で、なぜ医療系事務を目指すのかということは質問に答えながらもやる気やモチベーションをアピールすることができるチャンスであるともいえます。

これらのポイントはしっかりと頭の中で整理して準備しておきたいものです。

医療秘書の志望動機の例文×3

医療秘書の志望動機を想定するにあたり、動機の例文となるものを三つ見てみましょう。

「医療という現場に少しでも関わり、医師や患者さんの手助けをしたい」

例文「私のかかりつけのクリニックでは、医療秘書の方が患者さんをはじめ、ドクターやスタッフさんへのサポートなど医療従事のプロフェッショナルとして活躍されています。その姿を拝見していて、私もクリニックの医療秘書としてたくさんの人をサポートできる存在になりたいと思いました」

医療秘書の志望動機は人それぞれ異なりますが、医療や健康といった分野に関心を持ち、社会に役立つ働き方がしたいといった理由で目指す人が多いようです。

資格などが必要な職種ではありませんが、医療秘書経験を積むことで徐々に責任ある仕事もできるようになり、転職の際にもキャリアが有利になります。

また、さまざまな人と接する仕事であるため、間接的であっても患者さんの力になりたい、人に信頼される仕事がしたいといった思いも、志望動機の例として挙げられます。

「医療業界に関わる仕事がしたい」

例文「私の祖母は高齢で医療機関を多く利用していますので、付き添いなど日頃から私自身も医療機関に関わって生活をしています。医療に携わる方たちのお仕事を拝見する中で、私も医療の現場で従事したいと思うようになりました。私は前職で大学秘書の勤務経験がありますので、その経験を活かし現場のスタッフさんをサポートする秘書として医療に関わって仕事をしたいと考えております」

前職でまったく医療とは関係のない職種についていた人の場合、医療業界にチャレンジしたいという気持ち自体が立派な動機になるでしょう。

自分の専門知識や経験を持って、またそれをブラッシュアップしていくことにより医療現場の業務を円滑にするサポートができる、という点は医療秘書のやりがいのひとつです。

医療秘書は医療の現場に携わる仕事であるため、周囲に適切な指示を出して連携し、迅速で正確な行動をすることが求められます。

自分が感じた医療従事者に対する憧れや魅力を率直に伝えましょう。

「人と接する仕事が好き」

例文「私は、人と接する仕事が好きで、今までも接客業を中心にアルバイト経験を積んできました。それを活かして医療秘書の仕事に就きたいと考えています。貴院の「患者さんに寄り添い、地域に貢献する」という理念に共感し、私も地域に貢献しながら、患者さんとの円滑な人間関係を築き、患者さんに寄り添う病院づくりに努めたいです」

医療秘書という仕事は、医局内や病院の受付でやり取りをしたり電話対応をしたりする業務が頻繁にあるため、人と接する機会の多い仕事です。

現場で働く仲間ともコミュニケーションを図ることが求められます。

医療秘書は医局や病院の印象を左右する重要な窓口となる役割ともいえますので、コミュニケーション能力は欠かせません。

今や、病院においても、ホスピタリティが重要視される時代になっています。

前職までに接客・販売業の経験がある場合は、それも合わせてよいアピールになることは間違いありません。

医療秘書の面接で聞かれること・注意点

医療秘書として働きたい場合、大学病院や総合病院、街のクリニックなど、基本的には医療機関の面接を直接受けることになります。

医療秘書は、医師・看護師をはじめとする医療チーム、外部の関連医療機関、勤務先によっては患者さんまで様々な立場や年齢層の人と接する仕事であるため、面接でも「第一印象」が判断において重要視されると考えておいたほうがよいでしょう。

医療に関わる仕事であることから、髪型をはじめ、身だしなみなどの清潔感にも気をつけておくべきです。

面接で問われることは、志望動機やその医療機関に対するイメージ、今後の目標といったような一般的な質問がほとんどのようです。

正しい言葉遣いで、明るく、ハキハキと、親しみやすい印象を与えられれば、採用される可能性はグッと高まるはずです。

医療秘書の自己PRのポイント

医療秘書の面接に臨んだ際の自己PRでは、医療秘書にかかわることで、将来自分がどうなりたいのかを述べましょう。

「しっかりサポートすることによって医療チームの仕事を円滑に、それぞれの専門に専念できる現場づくりを実現し、患者さんにとってより良い病院となるよう頑張りたい」「その病院での医療秘書に携わることで、地域医療の発展に貢献したい」などのように、医療秘書を通じて社会に貢献したいことを志望動機でアピールすることが大切です。

また、志望する病院についてきちんと調べたうえで、基本理念に共感し自分自身も医療秘書を通じて、少しでも病院の役に立ち、患者さんを笑顔にしたいといったことを述べるのもよいでしょう。

人には得意なもの、不得意なものがあります。

強みを活かしてその病院にどう貢献するかという部分をしっかりとアピールしましょう。

強みが見当たらないという場合でも、実は他の人に負けないことがきっとあるはずです。

自分だけではアピールポイントが見つけられない場合は、周りの友人などに協力してもらい教えてもらうのもいいでしょう。

医療業界は経験が重視される傾向が強く、医療秘書も例外ではありませんが、未経験でも門前払いということはありません。

未経験から医療秘書を目指したいという場合は、しっかり意欲を伝えることで経験不足を補うことができるでしょう。

医療秘書の履歴書で気をつけるべきことは?

医療秘書は実務において事務作業に携わることも多くあり、秘書的立場からも「知らなければいけないこと」「常識的にやってはいけないミス」などがあります。

医局や医師の顔として窓口となることも多いため、事務スキルも重要視されます。

そのため、履歴書や封筒の表書きなどの基本的な社会人スキル・常識レベルなどに不安があるとその時点で適任ではないとみなされてしまう可能性があります。

また、相手先や患者さんに渡すメモや書類などに書いた文字が読みにくかったりきたなかったりすることはNGですので、文字を書くときも気を抜かず、読まれることを意識して書くようにしましょう。

マナーやルールなどに不安がある場合は、面倒がらずにマナーブックを調べるようにしましょう。