医療事務、医療秘書、病棟クラークの違い

(読了時間:3分43秒)

仕事内容の違い

医療事務の仕事内容

医療事務は、病院や診療所で事務全般を行う仕事です。具体的な業務内容は、受付での診察券確認や会計といった「受付窓口業務」と、患者さんの医療費を計算する「診療報酬明細書(レセプト)作成業務」の2種類があります。

事務処理能力を持っていることも大切ですが、患者さんと直に接することも多いため、相手の立場を考えた思いやりある対応ができる人が活躍できる仕事です。

医療事務の仕事内容

医療秘書の仕事内容

医療秘書は、主に大学病院や総合病院などで、医師看護師の事務方としてのサポートを行う仕事です。

スケジュール管理やデータ整理、来客応対、文書作成、ファイリング、電話応対など、業務内容は多岐にわたり、場合によっては学会への同行や出張手配まで任されることもあります。

また、医療事務と同じように受付や会計、レセプト作成業務に携わることもあり、専門知識を持ちながら、幅広く医療業界での事務作業をこなしていける能力が必要とされます。

医療秘書の仕事内容

病棟クラークの仕事内容

病棟クラークは、主に入院施設のある規模の大きな病院において、医師や看護師の仕事をサポートする仕事です。

医療関係者が患者さんのケアに専念できるよう、患者さんが入院する際の書類受け取りや病室の手配、名簿作成、カルテ管理などの業務をこなします。場合によっては、医師の診療前に問診を行ったり、器具の準備まで任されることもあります。

医療事務に近しい面もありますが、医療事務が会計窓口での業務やレセプト作成を中心に行うのに対し、病棟クラークは基本的にナースステーションに常駐して、医療関係者をサポートしていきます。

病棟クラークの仕事内容

なる方法、資格の違い

医療事務になる方法、資格

医療事務は、医師や看護師のように特別な資格や学歴が必要な仕事ではありません。

ただし、レセプト作成をする際には専門的な知識が必要とされるため、「医療事務技能審査試験」や「診療報酬請求事務能力認定試験」などの関連する民間資格を持っていると、就職・転職の際に有利になることがあります。

専門学校や民間のスクール、通信講座で学んで資格取得を目指したり、パートや派遣社員として働きながらスキルアップしていったりする人もいます。

医療事務になるには

医療秘書になる方法、資格

医療秘書にも絶対に必要とされる資格はありませんが、医療秘書の求人はあまり多くなく、とくに正社員として働ける病院は限定されているのが実情です。

秘書としての能力や知識はもちろんのこと、医療保険や医療法規に関する幅広い専門知識まで必要とされるため、未経験者がいきなり医療秘書として採用されるのは難しいかもしれません。

そのため、就職のためには「日本医師会医療秘書認定試験」をはじめとする医療秘書関連の資格を持っておくことが勧められます。

医療秘書の資格や経験を持っている人であれば、医療事務としても即戦力として期待されるケースが多いようです。

医療秘書になるには

病棟クラークになる方法、資格

病棟クラークも、とくに国家資格などが必要とされる仕事ではありません。

ただし、病棟クラークの求人は、基本的に入院施設のある規模の大きな病院で出されます。

医療の知識や事務処理能力がある人は優遇されやすいため、スキルを示すために医療事務の民間資格を取得してから就職する人が多いようです。

医療関連の派遣会社に登録し、自分の希望に合う求人内容の紹介を待つ方法もひとつです。

病棟クラークになるには

収入、待遇、雇用形態の違い

医療事務の収入、待遇、雇用形態

医療事務は正社員のほかにも、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなど、さまざまな雇用形態で働く人がいます。

正社員の平均年収は300万円~400万円程度が一般的とされており、時給制で働く場合の時給は800円〜1300円程度が多いようですが、病院の規模や地域によってもだいぶ差が出ているようです。

全体的に、個人経営の病院よりも大きな病院のほうが、給与水準や待遇は高い傾向にあります。

医療事務の給料・年収

医療秘書の収入、待遇、雇用形態

医師や看護師のサポートをする医療秘書は、個々の経験やスキルによって収入にもだいぶ差が出ます。

秘書といっても若いうちはさほど高い給料が得られず、初任給が20万円前後、年収は300万円〜400万円程度が相場とされています。医療事務と同等といえるでしょう。

ただし、実力をつけて院長など上のポジションの人の秘書を任されるよういなると、それだけ収入もアップすることが多いようです。

医療秘書の給料・年収

病棟クラークの収入、待遇、雇用形態

病棟クラークも、正社員、派遣社員か契約社員、パート・アルバイトなど、さまざまな雇用形態で人がいます。

正社員の場合は月収15万円~25万円程度、派遣社員や契約社員の場合はそれに満たないこともあります。年収は150万円〜300万円程度と人によって開きがあります。

待遇に関しても、雇用形態や勤務先によって異なっています。

病棟クラークの給料・年収

ここで紹介してきた3つの職業は職業名こそ違えど、いずれも医療業界で事務をこなしていく能力が必要とされます。

また、さまざまな医療関係者や患者さんと接する機会も多いため、対人関係をうまく構築していく力も求められる仕事です。

なお、「医療秘書」という名称で募集している場合でも、実際には秘書の役割をほとんど持たず、医療事務業務が中心ということもあるといわれているため、求人への応募前には仕事内容をよく確認しておきましょう。