医療秘書のつらいこと・大変なこと・苦労

医療秘書のつらいこと・大変なこと

自分のペースで仕事ができない

医療秘書という職業は、病院で働くスタッフが仕事に専念できるように補佐的な業務を行う役割を担っています。

このため、必然的に周囲の人から指示をされる機会も多くなります。

的確な指示を出してくれる人であればよいのですが、面倒くさい業務ばかりを押し付けようとしたり、期限ギリギリになってから用事を頼んできたりするような人もいないわけではありません。

また、プレッシャーの多い現場環境であるため、八つ当たりをされたり横柄な態度をとられたりすることもあります。

「もっと早く言ってくれればスムーズに対応できたのに!」「こんなに大変な用事を頼むのだから、もっと丁寧な頼み方をしてくれれば良いのに」と腹立たしく思うこともあるでしょう。

秘書というのは自分のペースで仕事をしたり、自分の判断で指示を出したりする立場ではないので、周囲の人に振り回されて大変な思いをするのは仕方がないことだと考えたほうがよいかもしれません。

とくに病院で働く医師看護師は常にバタバタとしていて慌ただしい中で接してくることが多いので、多少のことでは動じないように心に余裕を持って仕事をすることが大切です。

閉塞感との戦い

医療秘書がサポートにつく相手はさまざまですが、「病院長の秘書」「病棟責任者の秘書」「看護師長の秘書」など特定の医療スタッフのサポートをする秘書となる場合、相手に対して秘書は一人しかつかないのが普通です。

関係が密になるので、人間性が合わない相手のサポートにつくことになった場合は、大きなストレスを感じてしまうことがあります。

また、何か嫌なことがあったり仕事が多すぎて困ったりしていても、愚痴を言い合ったり仕事を分担したりできる仲間もいないので、孤独な思いをすることもあるようです。

忙しい医療機関では、昼食休憩の時間も明確に区切られているため、ランチで外に出るということも難しいことが多く、一日中外に出られないのは当たり前ということもあります。

自分の仕事を黙々とこなすことができ、人間関係のストレスを抱え込みにくい性格の人のほうが、ストレスなくこの職業を続けていけるのではないでしょうか。

医療秘書の悩み

対応することがとにかく多い

特に医局の医療秘書など、一人の医師や上司について業務をこなす環境にない医療秘書には、複数の医師などから様々な業務が任されます。

郵便物の発送から勉強会や学会などの出欠の返事、また忘れてはいけない締切のあるものの申込みなど、責任の重い雑務があることも事実です。

それらをもれなくしっかりとこなすことが求められますが、五月雨式にあちこちから業務がやってくる環境ではなかなか手元にある仕事をきちんと整理することができない場合もあります。

対応する業務の多さとその広い範囲に悩みを持つ医療秘書も少なくありません。

人手不足で業務範囲が幅広い

特に街のクリニックやスタッフ数が少ない診療科などでは、専業の医療クラークや医療事務が置かれておらず、すべてをひっくるめて医療秘書が兼務するというケースがあります。

そのような場合、スタッフの少ない時間帯や時期、慢性的なスタッフ不足などによって、もともと医療秘書業務をメインの業務として採用されていても、実際にはそれ以外の業務の比重が大きくなりがちです。

医療秘書といえど、患者さんの対応や受付予約などの電話応対、レセプト業務などに時間が取られてしまうこともあります。

このような環境で働く医療秘書には、なんでも対応しなければならない忙しさに加え、自身の仕事の整理がつかないといった悩みに繋がる人もいるようです。

医療秘書をやめる理由で多いものは?

医療関係の業務に適性がなかった

医療現場に身を置く医療秘書は、直接患者さんと接したり自らで物事を判断し、それが重大な結果につながるといった重い責任があることは少ないですが、検査や診察予約などの対応ミス、重要書類の誤字脱字や発送ミスなど、あらゆる業務において気が抜けないことも事実です。

大ざっぱであったり細かなことが苦手な人の場合など、ついうっかりといったことが続いてしまうと、自分は医療関係の業務に向いていないのではないかと自信を失い、辞めてしまうこともあるようです。

シフトの時間が都合や希望と合わない

街のクリニックなどに勤務する医療秘書が辞める理由として、勤務先の求めるシフト枠に都合が合わないといったことが挙げられます。

特に、クリニックでは午前診から午後診までに3時間程度の休診時間がもうけられている場合も少なくなく、生活スタイルが変わったり家から勤務先が引っ越しなどで遠くなってしまったなどの様々な理由でシフトと合わなくなる可能性は考えられます。

特に家事や育児と両立するお母さんがパートなどで医療秘書として勤務する場合、夜20時・21時までの夜診などのシフトには現実的に対応が難しいこともあります。

そのような場合、近隣に医療秘書の求人が出ているクリニックなどがあれば条件次第でそちらに移り、辞めてしまうといったことも起こり得るでしょう。