医療秘書への転職、未経験者の中途採用

転職希望者に人気の職業

近年、転職や再就職を考える人たちの間で「医療事務」や「医療秘書」などの医療系の事務職が人気を集めています。

大手の通信講座や民間の専門学校でも医療系事務職のスキルを身につける講座が開講されており、こうした分野に関連する検定試験を受ける人も多いようです。

人気の理由としては、「医療系の事務職は正社員だけでなく派遣社員やパートタイマーなど多様な働き方ができるので、ライフスタイルにあわせて働きやすい」ということがあるでしょう。

とくに女性の場合は結婚や育児、介護などによって生活スタイルが変わることが多いので、そのときの生活に合わせて働き方が選択できるのは大きな魅力です。

また、「出張や外回りがない仕事に就きたい」という人や「専門性の高い知識を身につけることで一生働けるようにしたい」という人が転職でこの分野をめざすケースも多いようです。

未経験者に必要な準備とは

それでは、医療秘書への転職をめざす場合、どのような準備をすれば良いのでしょうか。

まず、医療秘書として働く上では特別な学歴や国家資格は必要ないので「学校に入学して勉強する」「国家試験を受験する」というようなことはとくに必要ありません。

ただし、働く上では実践的なスキルが必要なので、医療秘書の技能検定試験に向けてしっかり勉強し、合格してから採用試験を受けるというのが最もオーソドックスな方法といえるでしょう。

すでに過去に医療関係の職場で働いたことがある人であれば、今までの経験や実績をアピールすることもできます。

一方で、まったくの未経験者の場合は、できるだけたくさん勉強して検定試験に合格してから採用試験を受けるほうが有利です。

「医療秘書」の検定試験だけではなく、一般財団法人である日本医療教育財団が実施する「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」や「医師事務作業補助技能審査試験(ドクターズクラーク)」などにも挑戦し、医療系の事務職として即戦力になれることをアピールすることが大切です。

転職者に人気の職業なだけに、就職試験に向けてはしっかり準備をしたほうがよいのは間違いありません。