医療秘書の1日

ミーティングから始まる一日

医療秘書の職場は病院や薬局などの医療機関です。

総合病院で病院長の秘書をしている医療秘書を例にとると、一日の流れはこのようになります。

8:00 出勤して制服に着替える
8:30 幹部によるミーティングに参加する
8:45 病院職員の朝の朝会に参加する
9:00 来客や電話の応対をしたり医師のスケジュールを作成したりする
12:30 午前の診察時間の終了後、昼食休憩をとる
14:00 取材で訪れる報道関係者の対応をする
17:00 医師に頼まれていた研究データの入力をする
18:00 明日の業務の確認などをして退勤

医療秘書の主な仕事は、来客や電話に応対したりスケジュールを管理したりして、医療スタッフが医療行為に専念できる環境を作ることです。

このためには、医師の手術や学会、取材などの日程を詳しく把握していることが大切です。

幹部によるミーティングや職員の朝会、また提携している病院との合同カンファレンスなどにできる限り参加し、情報の共有ができるよう努めます。

医療の現場は非常に忙しく、緊急の手術が入ったり入院患者を新たに受け入れたりすると医師や看護師のスケジュールはどんどん変わっていきます。

最新の情報が共有されないと思いがけないミスが起きてしまうので、医療秘書も常に最新の注意を払いながら事務仕事を担当しているのです。

残業や出張があることも

医療秘書の仕事のなかには、医師の学会や研究発表の補佐も含まれます。

研究に力を入れている医師の場合、自分が研究してきたデータを入力する作業や論文執筆に必要な資料を集める作業を積極的に医療秘書に任せていることもあるようです。

このような作業は時間がかかるものも多く、ときには通常の仕事が終わってから夜遅くまで残業をすることもあります。

また、実際に学会に出張する際に同行して、宿や交通手段の手配をしたり資料の準備を手伝ったりすることもあるので、事務職とはいっても残業や出張をすることもあるのが医療秘書です。