医療秘書になるための学校(大学、専門学校、通信講座)

特定の学歴は必要なし

医療の現場で働くスタッフの多くが、医療系の大学や専門学校を卒業して国家試験に合格し、免許や資格を取得した上で働いています。

医師や看護師、薬剤師、理学療法士などの職業を思い浮かべるとわかりやすいのではないでしょうか。

しかし、医療秘書の場合は、このような特定の学校での履修は必要ありません。

医療秘書は医療行為そのものに携わるわけではなくて、あくまでも事務職を担当することになるので、特定の学歴や資格、免許がなくても働くことができるのです。

また、医療秘書の検定試験においても学歴による受験資格はないので、「大学卒でないと医療秘書になれない」「理系の学部の卒業でないと医療秘書になれない」というような制約もありません。

医療秘書について学べる学校

このように、医療秘書になるために絶対に進学しなければいけないという学校や学部はありませんが、医療秘書として働くためのスキルを身につけることができる学校はあります。

人気を集めているのは、民間の専門学校が開校している「医療秘書科」や「医療事務・医療秘書コース」などです。

履修期間は最長で2年間ほどで、医療関連法規や医療請求事務について学んだり医療医務の実習をしたりして、医療秘書として即戦力で働けるように学びます。

専門学校に行くメリットとしては、提携している病院で実習をすることで仕事のイメージがより具体的に掴めるようになることでしょう。

また、医療機関から学校に求人情報がくることも多いので、就職先を探しやすくなるということもあるようです。

医療秘書の専門学校は、通学コースだけではなく、通信コースが開講されていることもあります。

他の職業に就いていて転職をめざしている人や子育て中で再就職をめざしている人は、このような通信講座を上手く活用することで、医療秘書になるための勉強を効率よく行うことができます。