イラストレーターがサイトやブログを持つメリット

サイトやブログを持つことは有効

イラストレーターが、自分のサイトやブログを持つメリットは大いにあります。

フリーでやっていくときはもちろん、どこかの事務所に雇われるにしても、転職の際などに大いに役立ちます。

フリーでやっていくなら、サイトやブログはもう必須といってもいいでしょう。

よほど能力や実績のあるイラストレーターさんなら、今まで仕事を依頼してくれたクライアントが、どんどん他の方を紹介してくれたり、その方自信が続きの仕事を発注してくれるため、サイトやブログを必ずしも持っていなくてもよいかもしれません。

しかし、まだそこまでのお得意さんを確保していないイラストレーターの場合は、サイトやブログは持っておいた方がいいでしょう。

Facebookを使うメリット

また、今はサイトやブログより、TwitterやFacebookなどが強くなっている時代です。

Facebookだと、その人の作品だけでなく、交友関係まで知ることができるので、クライアントにとっては安心です。

「ああ、こういう人と一緒に仕事をしていた人なら信頼できる」と思っていただけるわけです。

もちろん、それだけだったら、サイトで仕事実績をアピールしてもいいのですが、Facebookのメリットは、その間のやり取りが公開できることです。

それを見た新しいクライアントは、自分がそのイラストレーターと交わすやり取りを、リアルにイメージできるので、仕事を発注する時の精神的なハードルが、また一つ低くなるのです。

こうして、ますます仕事をいただきやすくなります。

Twitterを使うメリット

また、Twitterは、その人が日頃どんなことを考えているか知れる、という点で、クライアントさんにとって、イラストレーター選びの参考になるものです。

イラストというのは、その書籍やパンフレットの文を読んで、伝えたい内容を理解した上で、それを絵で表現する必要がありますから、「その人が日頃何を考えて生きているか?」ということは、クライアントさんにとって気になるところなのです。

「この人はちゃんと、我々が伝えたいメッセージを理解してくれるか?」ということです。それを伝えられる一つの手段がTwitterです。

これらのツールを駆使して、より密接なクライアントさんとのコミュニケーションを図ると、イラストレーターの仕事は、ますます順調になるでしょう。

仕事体験談