ホームヘルパーは何歳まで働ける?

資格の取得には年齢制限がない

最近では「手に職をつけたい」という理由から、ホームヘルパーを目指そうと考える人が増えているようです。

そのような人にとって、「いったい何歳までホームヘルパー働いていけるのか」ということは、重要なテーマのひとつとなるでしょう。

ホームヘルパーの入門的な資格である「介護職員初任者研修」は、年齢制限がありません。

実際に、下は10代の若者から、上は60歳以上の人まで研修を受講しているとされ、年齢を重ねてもホームヘルパーを目指すことが可能です。

とくに最近は介護職の人手不足が深刻となっており、年齢に関わらず、この仕事に興味を持つ人は積極的に採用しようとする施設も増えているようです。

年齢を重ねて力を発揮できる面も

ホームヘルパーは、自身が健康である限り、いくつになっても働ける仕事です。

60代や、場合によっては70代のの人でも第一線で活躍していますし、サービス利用者は高齢者も多いため、年齢を重ねた人のほうが話が合うところもあるようです。

また、ホームヘルパーのおもな仕事内容は、身体介護のほか、調理や掃除など家事の援助であり、生活経験の長い人、主婦歴の長い人は力を発揮できる場面が多々あります。

ただし、ホームヘルパーは気力も体力も要する仕事でもあるため、身体が追い付かなくなって仕事を辞めるという人もいるようです。

ホームヘルパーからステップアップ

もちろんホームヘルパーとして長年働き続けることはできますが、さらなるステップアップとして「介護福祉士」や「ケアマネジャー」を目指すことも可能です。

介護福祉士の仕事
ケアマネジャーの仕事

これらの資格はホームヘルパーよりも難易度が高いとされますが、取得すると携われる業務の幅が広がったり、給与や待遇面がよくなることが多いようです。

ホームヘルパーはパートで働く人も多いですが、ホームヘルパーとして実務経験を積みながら介護職のなかでも難しい資格を取得して、正社員としての転職先を見つけるのもよいでしょう。