男性のヘルパーと女性のヘルパーの違い

昔はホームヘルパーといえば女性の仕事でした。しかし近頃の不況や就職難などで介護業界も男性がかなり増加傾向です。

これはホームヘルパー(介護職員初任者研修)の資格が、他の資格より比較的取得しやすいということも影響しています。

ここでは男性ヘルパーと女性ヘルパーの違いを簡単にまとめていきます。

訪問介護の現場

訪問介護は圧倒的に女性ヘルパーが多いです。

それは、炊事、洗濯、掃除などの生活援助は主に女性が得意とする分野ということが影響しています。

とくに炊事に関しては男性ヘルパーは最初から敬遠しているのではないでしょうか。

身体介護に関しても、トイレ介助、入浴介助が中心ですから、やはり女性ヘルパーが求められます。

なぜなら女性の利用者は同性介護を望むからです。男性の利用者も女性ヘルパーを望みがちです。

また訪問介護はパート社員がほとんどですから、どうしても女性ヘルパーの需要が多くなり事業所も女性ヘルパーを求め雇用するのです。

ただ訪問入浴に関しては、男性ヘルパーを求める事業所は多くなります。

訪問入浴はどうしても力仕事が有りますから男性ヘルパーのお仕事になってしまうのでしょう。

介護施設の現場

グループホーム、特別養護老人ホーム、ディサービスなどの介護施設では、男性ヘルパーと女性ヘルパーの違いは比較的ありません。

介護施設は訪問介護と違い正社員が多いので、施設側でも長く働く傾向のある男性ヘルパーを好んで雇用することもあります。

介護施設は夜勤がありますし、肉体的にも結構きつい仕事ですから男性ヘルパーに向いている面もあります。

たとえば、ディサービスの送迎などは、ほとんどが男性ヘルパーが行っています。

ホームヘルパーとしてベテランの女性ヘルパーの知識や経験は、当然経験の浅い男性ヘルパーより優れていることでしょう。

しかしながら、パート社員が多い女性ヘルパーより、常勤が多い男性ヘルパーに期待をかけている施設もあります。

実際、男性ヘルパーより女性ヘルパーのほうが離職する割合が高い傾向にあるからです。

このように男性ヘルパーと女性ヘルパーの違いをまとめて見ましたが、女性中心の仕事だったものが現在では男性の割合も多くなってきているのが現状です。

仕事体験談