配管工の勤務時間・休日

勤務時間は規則的なことが多い

配管工の勤務時間ですが、現場に出て体を動かす作業が主体ですので、規則的な勤務時間であることが多いです。

たとえると、7:30までに出社して現場に移動し、8:00くらいから作業を開始し、18:00前には現場から会社に戻って片づけや翌日の段取りをして帰る、といった感じです。

忙しいときであれば現場でもう1〜2時間程度残業したり、会社に戻ってから設計や見積り等の事務仕事をしたりということもありますが、2時間に一回程度の休憩とお昼は1時間程度の休み時間がありますので、比較的規則正しい勤務時間の仕事といえるでしょう。

ただし、店舗関係の工事をやる場合には夜中にする場合もあります。

休みは多くはない

工程が詰まってくると休日出勤などでカバーすることも多いので、休日は多くはありません。

また、業界の慣行的に毎週土曜日休みのところは少なく、基本的に土曜日は第2・第4のみが休みというところが多いです。

ただし、盆やお正月は建築業界自体がしっかり休みますので、これにならって多めにしっかりと休むことが多いようです。

とはいっても、盆やお正月中でも水回りのトラブル対応で突発的に動かなければならないこともあり、やはり休みは少なめといえるでしょう。

工期が詰まってくると大忙し

配管工事自体は建築工事の工程の中でも序盤から中盤にかけて行いますが、工期に余裕がない工事の場合にはスピードアップして施工しなければなりません。

時間がかかってしまうと床を施工できず、後々の工種の方に迷惑をかけてしまうからです。

また、建築工程の終盤の設備機器の取付でも配管工の仕事はありますが、スケジュールが遅れていた場合、全体の遅れを取り戻すべく夜中まで作業をすることもあります。

このように、工期が詰まっているときは大忙しとなり、夜中までの残業や土日も出て間に合わせるといったこともあります。