グラフィックデザイナーの就職先と仕事内容の違い

グラフィックデザイナーの勤務先・働き方の種類

グラフィックデザイナーの主な就職先は、広告代理店や印刷会社・制作プロダクション・企業の宣伝部や商品開発部などとなります。

雇用形態は、正社員や契約社員で働く人もいれば、派遣社員やパートとしてプロジェクト単位で契約する人もいるなど、企業や仕事内容によってさまざまです。

グラフィックデザイナーとしての経験を積めば、フリーランスとして独立することもでき、実力次第で知名度や収入もアップするやりがいのある仕事です。

グラフィックデザイナーの仕事内容

広告代理店で働くグラフィックデザイナー

広告代理店とは、雑誌や新聞などのメディアの広告枠を抱え、クライアント(メーカーやスポンサー)に提供することで手数料を得る会社です。

本来、広告の実制作はクライアント側が依頼した制作会社が行うものでしたが、時代とともに広告代理店の業務は多角化し、代理店から制作会社へ制作を依頼して、企画や制作指揮を取ることが多くなりました。

広告代理店が手掛けるものはテレビや映画・アニメ・ポスターやDM・カタログなどのほか、近年ではインターネット上の広告など非常に多岐に渡ります。

そのため大半の代理店が制作部門を備え、アートディレクター・グラフィックデザイナー・コピーライターなどのクリエイターを社員として抱えています。

近年では大手印刷会社も多角化の流れで広告代理店のような役割を担うことが多くなりました。

不況の煽りの直撃を受けて厳しい広告業界ですが、大手広告代理店に就職できれば比較的高い給料が得られ、将来性にも期待できるでしょう。

広告制作会社で働くグラフィックデザイナー

広告代理店や広告主であるメーカーなどから依頼を受け、広告の企画・制作を行うのが広告制作会社です。

デザイン事務所・制作プロダクションなどに細分化していますが、ほぼ同様の業務内容で、大手広告代理店ではほとんどがグループ傘下に制作会社を抱えています。

広告制作会社で働くグラフィックデザイナーは、仕事にやりがいを感じている反面、労働時間が長い、残業手当が付かないなどの不満を抱えていることも多いようです。

メーカーの広告宣伝部で働くグラフィックデザイナー

商品を提供するメーカー側も広告宣伝部などの部署を設け、若干名のクリエイターを抱えています。

メーカーの広告宣伝部で働くグラフィックデザイナーは、食品など商品のパッケージデザインやアパレルなどのロゴマークを考案したり、コンセプトとなるデザインを作って下請けの制作会社へ指示を行ったりといった業務を手がけます。

広告業界に籍を置く会社に比べると安定性がある職場であるといえるでしょう。

独立・開業して働くグラフィックデザイナー

こうしたそれぞれの会社で経験を積んだグラフィックデザイナーには、独立してフリーランスになるという道も開けます。

努力とチャンス次第で知名度が上がっていき、収入ややりがいもアップすることでしょう。

ただし、独立・開業するためには現場で経験を積み、デザインスキルを身に付けたり仕事を受注するためのコネクションを作ったりしなくてはならないほか、営業活動もしなくてはならないなどの苦労も多いでしょう。