言語聴覚士の仕事内容

言語聴覚士は、生まれつきの障害や脳卒中、脳梗塞などにより、話すことや聴くことに不自由がある人に対して、言語能力や聴覚能力を回復させるリハビリテーションを行う仕事です。言語だけでなく、食べることや飲み込むことができないという問題についても扱います。

英語では、言語聴覚士を「Speech-Language-Hearing Therapist」ということから、略して「ST」とも呼ばれています。また、同じリハビリテーションの国家資格として、「理学療法士」と「作業療法士」があります。

理学療法士の仕事
作業療法士の仕事

話すことから食事のことまで幅広くカバー

ひとくちにリハビリといっても、言語聴覚士が行うリハビリで重視されるのは、「話す」「聞く」ということです。

これらについての障害を持っている場合、とくに感情表現の手段が乏しい子どもであると生活に大きな影響を及ぼすことも多く、他人とのコミュニケーションがうまくとれなくなってしまうことがよくあります。

「話す」「聞く」が上手にできない原因は、発達障害や失語症や認知症などの言語障害であったり、伝音性難聴などの疾患であったり、さらには心理的な要因まで含めてさまざまです。

言語聴覚士は、「うまく話せない」「うまく聞こえない」といった症状を持つ患者さんが抱える問題の原因を探り、検査などをしながら、一人ひとりに合った訓練プログラムを考え、訓練を行います。

この「話す」「聞く」というリハビリの内容としては、身体的な要素を持つ運動はもちろん、心理的な影響力を持つ運動も含まれます。

たとえば、文字や絵を使って言葉を引き出したり、呼吸や発音の練習、唇や舌、口の体操など、訓練の内容は多岐にわたります。

また、口を動かして話すということから「飲み込む」「食べる」という動作にまで発展する訓練を行うこともあります。患者さんの食事についても深く関わることが多くなるでしょう。

そこでは、「自助具」と呼ばれる専用の道具を作って、食事がしやすくなるように援助も行います。

他の医療職とのコミュニケーション

言語聴覚士は他の医療職と積極的にコミュニケーションを取ることが必要です。

言語聴覚士は高度な専門性を持って仕事をしていきますが、言語聴覚士だけでリハビリが成立することはほとんどなく、医師や看護師、あるいは理学療法士や作業療法士など、他の医療系専門職のスタッフと大きな関わり合いを持って働きます。

たとえば、食事のリハビリをする場合も、手や身体の運動機能をしっかりと知っていなければ、リハビリを効率的に進める事は難しくなってしまいます。

また、患者さんの病気の内容や現在の状態についても、適切に理解しておくことで、スムーズにリハビリを進めることができるようになります。

言語聴覚士は病院やリハビリテーション施設などで勤務しますが、他のスタッフと連携をとり、チームとして患者さんの状態を維持、改善させるように努める必要があります。

訓練の後には必ず記録をつける

言語聴覚士は、患者さんにリハビリを行うと、その内容や患者さんの変化についてしっかりと記録に残していきます。

この作業を行うことで、それまでの経緯をすぐに調べることができ、その後の訓練プランや展開を考えやすくもなります。

また、記録は自分のためだけでなく、他の職業の人が見ることもあるため、患者さんの情報を確実に伝えるためにとても重要なものとなります。

記録の付け方が雑であると、他のスタッフとの連携が難しくなってしまうため、記録をとるというのは隠れた重要な仕事になっているといえるでしょう。

仕事体験談