栄養士の魅力

あらゆる人の食生活をサポートできる

人間が生きていくうえで、切っても切り離せない「栄養」のプロフェッショナルである栄養士。

活躍できる領域は学校給食をはじめ、医療、行政、企業、そして地域活動など多岐にわたっており、乳幼児から子ども、働き盛りの人、そして高齢者まで、あらゆる世代の人に対して「栄養」という面から、その人の生活や健康をサポートすることができます。

専門性を身につけ、その知識によってたくさんの人を助けることができるという点は、この仕事の大いなる魅力のひとつになっているといえるでしょう。

食に詳しくなれる

栄養士を目指す人は、もともと「食が好き」と話す人もたくさんいますが、実際に栄養士としての勉強をしたり、仕事をしていたりすると、自然に「食」のことを考える機会が増えます。

「食は健康の基本」ともいわれるくらい重要なものです。

ただ何でも好きに食べればいいというわけではなく、1食、1食を大事に考えていくことで、より健康的で、豊かな日常生活を送ることができるでしょう。

仕事を通じて食や栄養、調理方法等に関する幅広い専門知識をどんどん身につけていくことで、ただ仕事としてだけではなく自身の食生活を豊かにすることができることも、この仕事をやっていてよかったと思えるであろう瞬間です。

活躍の場が広がり、需要が高まっている仕事

少子高齢化社会の進展、生活習慣病の増加などの社会変化とともに、栄養士の存在価値はますます大きくなっています。

今後も、この傾向は続くことが予想されており、病気を未然に防ぐための「栄養指導」に力を入れる企業や地域なども増加していくでしょう。

こうした社会変化、そして人々の健康に対する意識の高まりは、栄養士の活躍の場をさらに広げることにもつながっています。

そのような風向きの中で、自身がどのような領域で仕事をしたいかを決め、目標に向かって全力で仕事ができることも栄養士の仕事の魅力になっています。

仕事体験談