給食会社の栄養士

給食会社の栄養士

給食会社の栄養士とは、委託給食会社に所属し、病院や福祉施設、企業などに派遣され、派遣先で働く栄養士のことです。

委託給食会社は栄養士の就職先として、かなりの割合を占めています。

病院や施設などが直接給食業務を運営するのではなく、こうした委託給食会社に依頼することが増えてきています。

施設側の栄養士さんや同じ会社のスタッフと密に利用者さんの状態などを連絡し、物事が円滑に進むよう配慮しなくてはなりません。

やはり会話やコミュニケーションは大切です。

厨房では調理師と一緒に作業しますが、献立のイメージをうまく調理師に伝えなくてはいけません。

調理師と栄養士との役割分担としては、調理師が料理をする人であるのに対して、栄養士は調理だけでなく、献立を考えたり、アレルギーや病気の人用の食事の指示といったことも行います。

調理師の仕事

料理の味はそのひとの持ち味で変わる

施設の規模にもよりますが、大量調理となるため、調理科学と栄養学をむすびつける学びの場となります。

同じメニューでも調理する人の技術や作り方の手順で、味や見た目のイメージが変わってきます。

たとえば、野菜の水分量が季節ごとに違うとなると、それも考えて調理しなくてはなりません。

煮物で、しょうゆを先に加えるのと、他の調味料をいっしょくたに投入するのとでは、味付けに差が出てしまいます。

食材の切り方ひとつで、味のつき方も違ってきます。調理する人によって、同じ料理でも味に個性が出てくるのです。

失敗したら、どうしてこうなったのだろうと、原因を探ってみてください。おもしろい発見があるかもしれません。

どんな失敗も今後に活かせるようにすることが必要です。

給食づくりの現場で、どのようにすれば作業が早くなるか、時間通りに提供できるか考えられるといいでしょう。献立を作るときに、その経験が役に立ちます。

仕事体験談