栄養士は結婚、子育てしながら働ける?

職場の待遇を確認する

仕事と子育てを両立したいと思っている人も多いでしょう。実際、栄養士は、両立して働けるのでしょうか。

職場によって、育児に対する理解やサポートの制度などはさまざまです。

正社員(フルタイム)の場合、直営の施設ですと、そこの方針が合うかや雇用側とよく話し合うことが大切です。

最近は育児に対する理解も深まってきていますが、事前にしっかりと確認しておいた方がよいでしょう。

職場にもよりますが、栄養士の勤務時間はだいたい9時〜17時ごろまでが定時というところが多いでしょう。

小さい施設だと、栄養士が1人だけしかいないいうところが大半なので、時間の融通があまりきかないかもしれません。

残業分や期限まで仕上げなければならない仕事などを間に合うよう努力することが大切になります。

働きやすい事業所を選ぶ

大きな施設ですと、栄養士が何名か配属されている場合が多いので、栄養士同士で役割分担をしたり、子育てに対する協力・理解が得られると働きやすいでしょう。

子どもが小さいうちだと、熱を出したりして早退するということが起きたりするでしょう。

そんなときに同僚に協力してもらえるような関係づくりを日頃から行なっておくことも必要となります。

給食会社などの給食提供が主な仕事となる場合は、ぎりぎりの人数で回しているところが多いので、会社側と相談して、働きやすい事業所を選ぶという方法もあります。

しかし、早番、遅番がありますので、子どもを保育園に送迎する時間を考えるとなるべく普通番の社員食堂などのほうがいいでしょう。

パートや派遣の栄養士として働く

栄養士は正社員だけではなく、パートや派遣などの雇用形態で働くこともできます。

資格が必要な職業であるので、そうした働き方もできることは子育てには有利です。

正社員と比べると勤務時間などの調整は格段にしやすいでしょう。

栄養士は勤務先や雇用形態が豊富なので、それぞれのライフスタイルに合った働き方ができる仕事と言えます。

再就職しやすい資格

結婚や妊娠を機に一度辞めても、資格職ですから再就職しやすい状況です。

自分のライフスタイルに合わせた仕事の仕方があります。配偶者とのライフスタイルや休日に合わせられる仕事場を選ぶといいでしょう。

正社員はもちろんのこと、病院などでは、非常勤の募集もしているとことがあります。

小学校や保健所の公務員栄養士は、17時ごろに帰宅可能なところが多いですから、勤務時間を固定したい人には向いているでしょう。

フリーでも活躍

栄養士の経験を積んで、フリーの栄養士として活躍している人もいます。

企業勤務の場合は勤務形態に制約がありますが、フリーの場合は、家庭の環境や自分のやり方に合わせた仕事の仕方ができます。

自分で仕事を探したり、取りに行かないといけないという面はありますが、比較的自由に物事を決められます。

フリーの栄養士は個人的に栄養指導をしたり、料理教室を開催したりして生計を立てます。

なかには、原稿執筆を依頼されることがあります。日々栄養学の知識を磨き、文章などの表現力を鍛えておくといいでしょう。

いきなり新人でフリーは難しいですが、長年培ったノウハウを活かせるので、自由度が高い仕事がしたい人には向いています。

仕事体験談