副業の栄養士

副業でも栄養士の資格が生かせる

栄養士の有資格者は年々増えていますが、その資格を生かして働いている人はそこまで多くなく、栄養士の資格を取った人のうちのほんの2割程度ともいわれます。

その理由として、栄養士は学校や病院、介護施設、食品メーカーなどさまざまな場所で需要があるものの、有資格者の数に対して、求人数がさほど多くないといったことが挙げられます。

また、正規雇用ではなくパートなど非正規雇用での求人も多いことから、思うような収入が得られず、この仕事を専業としてやっていくのが難しいという声も聞かれます。

こうしたことから、他に本業として仕事を持ちながら、副業で栄養士の資格や知識を生かして働こうと考える人もいます。

副業をする際の注意点

栄養士として副業をするにあたって最も気を付けなくてはならないのは、本業の仕事で副業が禁止されていないかという点です。

もし勤務先の就業規則で副業禁止となっていた場合は、勝手に副業をするとペナルティが発生するでしょう。

副業が可能である場合も、本業に支障のないようなスケジュールで副業をすることが重要です。

なお、栄養士の仕事は、職場によっては大量調理業務が中心となります。

かなり体力を要するような場合もあるため、その点にも気を付けて副業としての仕事選びをしたほうがよいでしょう。

副業としての働き方

副業の栄養士をする場合、アルバイトやパートとして働く形が一般的になるでしょうが、それ以外にフリーランスで仕事をすることもできます。

最近では、オンラインで一般の人に栄養面のコンサルティングやアドバイスをする需要が高まっており、在宅でそうした仕事をする栄養士も増えつつあります。

在宅勤務であれば、本業が休みの日など、空いた時間を使って無理なく副業に挑戦しやすいでしょう。

ただし、栄養士ではなく、管理栄養士の資格を持っていないと請けられない案件もあります。

仕事体験談