大学職員と留学生就職支援

留学生に対する就職支援

海外に留学した日本人学生、日本で学んだ外国人留学生どちらにとっても、卒業時の就職支援は大学職員の重要な役割です。

留学時期の影響で、春の内定に間に合わない学生もいますから、キャリアセンターではお盆明けから秋採用の支援活動が本格化します。

秋採用を実施している企業の情報収集をし、学生に公開することはもちろん、学内の合同説明会に企業を招くなど、企業とのパイプ作りも欠かせません。

留学生が置かれている個々の状況が異なるため、帰国した学生に対するガイダンスを実施している大学や、滞在国からメールによる就職相談を受け付けている大学もあります。

外国人留学生に対する就職支援のメニューも増えてきており、外国人留学生対象就職ガイダンス、インターンシップ先の紹介、日本で就職した先輩留学生との交流会など、多岐にわたっています。

留学生就職支援の課題

大学での就職支援はあくまでも、日本の雇用慣行や選考基準に沿って、ほかの人に遅れを取らずに就職活動させることを前提にしており、留学生が持っている専門的知識・技術が生かせるような高度人材マッチングまでは対応できていないのが現状のようです。

産業界では外国人留学生及び外国に留学経験がある日本人学生を「グローバル人材」と呼び、優秀な人材の獲得をめざす動きがあります。

採用にコストをかけられる大企業だけでなく、国内では知名度が低い企業や、中小規模の企業であっても、独自の技術を強みとして海外進出が盛んになっており、対象国の事情に詳しい人材を求めているのです。

大々的な求人が行われておらず、要件を満たす学生も少ないとなると、通常の就職支援とは異なる手法を開発しなければなりません。

イベントなのか、人材データベースの構築なのか、きめ細かい企業訪問、それとも—、留学生に対する就職支援は、まだまだ開発途上にあり、新しい職員のアイデアや実行力が求められているのです。