調理師の給料・年収

調理師の給与は低い

求人情報を見ると、調理師の給与は地域にもよっても変わりますが、額面で15万〜21万ぐらいの会社が多いようです。しかし、実際にはもっと低い給与の会社も多くあります。

とくに見習いの期間中は、手取りの給与が10万円台前半ということもあり、一人前の料理人になるという強い覚悟がなければ続けることは難しいでしょう。

また、忙しい時は早出・残業が当たり前の仕事であり、しかもその分の給与が出ない会社も多くありますので、労働環境としてはあまり良くないといわざるを得ません。

ですが、食事に困る心配がないというメリットはあります。

経験を重ねた場合の収入

経験を重ねても給与が大幅に上がることはあまりありません。調理師の平均年収は、30歳時で300万、40歳時で400万です。一般的には、年齢の10倍の年収をもらえれば一人前といわれています。

しかし、実力をつけて一流料理店の料理長、板長クラスになれば、給与額は大幅にアップして1000万クラスになる場合があります。

また、独立開業した店が繁盛すれば、調理師の平均給与を大きく上回ることもあります。

しかし、その場合は経営者となりますので、調理や材料管理の仕事だけでなく、売り上げ管理、宣伝などさまざまな仕事が増えることになります。

現役調理師の話

現役調理師に調理師を続けている理由を聞くと、多くの人が「やりがい」「将来的な夢のため」と答えます。実際、労働時間を考えると給与面は劣悪と言える職場が多いのが現状です。

店によっては残業が一切出ない上に労働基準法を無視した勤務時間のところも多数あります。給与面だけで考えると、続けていくのは困難な職業といえるかもしれません。

調理師を続けるには給与面にこだわるのではなく、自分の店を持つという将来的な夢や、お客さんの喜ぶ顔を見たいという気持ちが大切になります。

収入を重視するのではなくやりがいを重視することが、調理師を続けるためには必要です。

調理師の平均年収統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、調理師の平均年収は43歳で331万円ほどとなっています。なお、調理師見習いは42歳で263万円です。

調理師の平均給与

・平均年齢:43歳
・勤続年数:8.6年
・労働時間:174時間/月
・超過労働:14時間/月
・月額給与:248,100円
・年間賞与:336,200円
・平均年収:3,313,400円

調理師見習いの平均給与

・平均年齢:42.5歳
・勤続年数:6.6年
・労働時間:169時間/月
・超過労働:17時間/月
・月額給与:203,700円
・年間賞与:186,300円
・平均年収:2,630,700円

出所:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 調理師の年収(規模別)

10人〜99人規模の事業所に勤める調理師の年収は337万円、100〜999人規模は313万円、1,000人以上規模は353万円、10人以上規模平均331万円となっています。

調理師の年収(規模別)_27

また、調理師見習いの年収は、10人〜99人規模で241万円、100〜999人規模は282万円、1,000人以上規模は258万円、10人以上規模平均263万円となっており、調理師より100万円ほど低い年収となっています。

調理師見習いの年収(規模別)_27

平成27年度 調理師の年収(年齢別・男女別)

調理師の年齢別の年収は、男性においては年齢が上がるにつれてわずかに上昇しています。

男女別では男性の年収のほうが高く、男性370万円、女性267万円となっています。

調理師の年収(年齢別)_27

一方、調理師見習いの年齢別の年収は、年齢との関係性はあまりありません。

平均年収は男性300万円、女性240万円となっています。

調理師見習いの年収(年齢別)_27
※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。