調理師のやりがい、楽しさ、魅力

調理師のやりがい・楽しさ

料理でお客さまを笑顔にできる

多くの調理師がこの仕事のやりがいとして挙げるのは、「料理を食べた人の笑顔を見ること」です。

ホテルやレストランで働く調理師は、お客さまにとって特別な1日を演出するために、日々料理の腕を奮います。

自分が心を込めて作った料理を食べた人が、目の前で「おいしかった」と笑顔になってくれたり、喜んでくれたりすることこそが、調理師にとって最大の喜びとなります。

また、修行を重ねるうちにさまざまな料理が作れるようになるのも、やりがいを感じる瞬間だそうです。

技術が身につくたび、おいしい料理が作れるようになるたびに、「この仕事を選んで良かった」とやりがいを感じるようになるでしょう。

腕一つでのし上がれる

調理師は、実力が問われる仕事です。

常に実力が試されるためプレッシャーと厳しさは半端なものではありませんが、努力すればその分しっかりと結果が出る仕事でもあります。

仕事は厳しくても、スキルアップすればそれだけ任される業務も増えてきますし、難易度の高い料理も作れるようになります。

自分に自信がつけば、仕事はどんどん楽しくなっていくでしょう。

また、自分の「腕一つ」でのし上がれるのも、やりがいを感じる部分です。

腕が良ければ年齢や性別は関係なく、職場で出世して料理長を目指すこともできますし、新規オープンのレストランから声がかかることもあるでしょう。

実際、結婚式場の調理師は、腕を見込んで引き抜かれた人が務めることが多いようです。

独立開業など、さらなる展開も可能

おいしい料理を作って人々を幸せにできる調理師の仕事はとても魅力的なものですが、ただ楽しいばかりではありません。

総合的に見ると、調理の仕事は非常に多忙な反面、給料や待遇にあまり還元されていない職場も多くあります。

新人時代はお金を稼ぐことよりも、「厳しい環境で修行を積みながらいかに生き残っていけるか」という、自分との戦いを続ける日々になるかもしれません。

厳しさに耐え切れずに諦めてしまえばそこで終わりですが、実力があれば若くしてトップレベルに立てる仕事でもあります。

そうなれば、独立して理想の繁盛店を経営することも可能です。

大切なのは、おいしいものを作ること、人を喜ばせることへの飽くなき探究心。

上昇志向が強く、現状に甘んじない人であれば、調理師としての成長を日々感じながら生きていけるはずです。

調理師の仕事内容

調理師の魅力

さまざまな料理を学べる

調理師の魅力は、何といっても自分でさまざまな料理を作れるようになることです。

和食、中華、フランス料理、イタリア料理と、料理の種類は実に多様です。

この中の一つの道を極めるという人もいますし、いろんな料理を学ぶ人もいます。

実際に、ホテルや結婚式場で働く調理師は専門外の料理を手伝うことも多く、幅広い知識や技術が身につくといわれています。

食に関してあまりお金がかからない

調理師になると、仕事中の食事として「まかない食」が出ます。

まかない食は余った食材で作ることもありますし、配膳した料理の残りを食べることもあります。

また、店によっては余った食材を持ち帰ることを許してもらえたり、出入りの業者さんから割引券をもらえたりすることもあります。

自分で料理を作ることができるので、外食や惣菜に頼ることもありません。

食に関する部分にはあまりお金をかけなくて済むのは、とくに駆け出しのときは助かるでしょう。

小額の出費でも開業できる

技術を磨けば独立開業も夢ではありません。

独立の際は大きな店舗を構えることもあれば、小さな店舗で開業することもあるでしょう。

最近は自宅併設の小料理屋、家族経営の小さなお店というものも増えてきました。

こういった店舗は、やり方しだいでは少ない出費で開業することができます。

結婚後も役立つ

調理師の資格や技術は、結婚して子どもが生まれてからも役に立ちます。

たとえば、子どもの食事を作るときにも役立ちますし、自宅で料理教室を開いたり、ケータリングサービスを始めたりと、家事や育児の負担にならない範囲で仕事をすることが可能です。

料理に関する需要は何かと多いため展開がしやすく、後々にも役立つ技術です。