ショコラティエの給料・年収

ショコラティエの平均年収・給料の統計データ

ショコラティエの平均年収・給料の統計データを見ると、あまり恵まれているとはいえません。

平均的なサラリーマンよりも低めの水準となっており、下積み時代は正社員ではなくアルバイトや派遣社員、契約社員の求人も多いです。

また残業代が支払われないなど福利厚生が整えられていない場合もあるので、就業前に確認することをおすすめします。

ショコラティエの平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
パティシエ
(indeed)
317万円 時給 1,177円
日給 1.2万円
月給 27.2万円
パティシエ
(求人ボックス)
350万円 時給 972円
派遣時給 1,342円
月給 29万円
パティシエ
(転職ステーション)
312.6万円 月給 22.8万円
ショコラティエ
(給料バンク)
- 月給 19万円

ショコラティエの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

上記のデータから手取り額から算出すると、純粋にショコラティエの給料データのみだと月給は15万円程度、年収は182万円〜243万円程度、ボーナスは61万円程度です。

一般的なサラリーマンと比べると、やや低めの水準といえます。

パティシエのデータも含めると月給15万円〜23万円、年収は250万円〜280万円、ボーナスは4ヶ月分支給される場合は60万円〜92万円ほどでしょう。

ショコラティエの初任給はどれくらい?

ショコラティエの初任給は、約15万円〜18万円ほどです。

ショコラティエは技術力が必要な職業となるため、技術力が未熟な下積み期間はどの店舗であってもやや低めの水準となっています。

ショコラティエの福利厚生の特徴は?

ショコラティエの福利厚生は店舗によっても異なりますが、有給休暇や年末休暇、各種保険などが整っていることが多いようです。

中には産休育休制度があったり、月2回の英会話レッスンが受けられる店舗もあるなど、恵まれた職場もあります。

とくに残業代が支払われるかや休日出勤が続いたら休める環境にあるかどうかは、終業前に確認できると安心でしょう。

ショコラティエの給料・年収の特徴

下積み時代は厳しい待遇

ショコラティエやパティシエのような菓子職人は、一般的に新人時代は厳しい待遇の中で働かなければいけません。

お店によっては下積み期間は、アルバイトや契約社員からスタートという場合もあります。

就職後の数年間は、早朝出勤や夜間の残業もとくに多くなりますが、年収200万円に届かないこともあり、人によってはギリギリの生活になるでしょう。

あくまで技術を身につけるまでの期間だと覚悟を決めて、ある程度割り切ることも大切かもしれません。

製菓業界の厳しい現実

その後少しずつ仕事の幅が広がり一人前になると、月給は20万円〜25万円ほどにアップします。

しかし一般の会社員や公務員に比べると、収入は低くなる傾向にあるのが特徴です。

店舗の人気や売り上げによっては賞与が大きく左右されることがあり、よほどの人気店や有名店でなければ安定性にも欠ける側面もあります。

ショコラティエの勤務先別の給料・年収

チョコレート専門店

チョコレート専門店で働くショコラティエの場合、給料は20万円〜30万円、年収は240万円〜480万円程度が一般的です。

店長・店長候補として働く場合は、最初から給料が28万円〜35万円、年収400万円〜500万円と高収入で募集されていることもあります。

経験値やスキルがあり、有名店舗で店舗の立地が首都圏であるほど高収入で働くことができるでしょう。

食品メーカー

食品メーカーで働くショコラティエの場合も、給料は20万円〜30万円、年収は240万円〜480万円程度となるようです。

企業規模が大きいほど、残業代全額支給など福利厚生や待遇が恵まれている場合が多く、働きやすい環境を整えている工場もあります。

ショコラティエの正社員以外の給料・年収

派遣社員

ショコラティエの派遣社員の給料は、時給1,300円程度です。

派遣社員の時給は、地方よりも東京や大阪が高くなる傾向にあります。

上記の時給をもとに給料を算出すると、1日7時間で週5日働いた場合、月給は18.7万円、年収は225万円程度です。

アルバイト

ショコラティエのアルバイトの時給は、970円程度が相場となっており、ほかの職種とほとんど変わりません。

アルバイト・パートの時給も首都圏ほど高く、地方ほど安いのが相場です。

1日7時間で週5日働いた場合月給は13.6万円、年収は163万円となり、正社員よりもさらに低めの水準で働くことになります。

独立・開業

技術と経験を身につけ、独立して自分の店を開業した場合、人によって異なりますが正社員時代以上の収入を得られる人が多いです。

人気の集まる有名店に育てたり、何店舗も出店したり、ショコラティエの学校を経営するなど複数の事業を経営することで年収1,000万円以上を実現している人もいます。

ショコラティエが収入を上げるためには?

ショコラティエやパティシエのような菓子職人が高い収入を手に入れるためには、独立して自分の店を持ち、成功を収めるのが一番の近道です。

雇われる立場から経営者に変わることで、商品の値段の設定や従業員のお給料の金額を自分の裁量で決めることができます。

また、テレビや雑誌で取り上げられるような人気店になることで、店の売り上げを大きくアップさせることも可能です。

ただし人気店になるためには、看板となるショコラティエの知名度がとても重要といえます。

世界的なチョコレートのコンクールで賞をとっていたり、海外の有名店で修行をしていたり、名だたるホテルやレストランで働くなど実績があると強みとなるでしょう。